Schedule

2012.12.25.火.

月見ル X’mas ナイト

国分友里恵 with 岩本正樹 & 齋藤昇 ) HP ) HP
塩谷達也&美和 ) HP
KAZ ) HP
竹崎雄貴 ) blog
JUNK-TION ) HP

op 18:30 st 19:00 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500

) インターネット予約 〔 11月8日0:00~12月23日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 11月8日~ 〕

【国分友里恵】

83年メジャーデビュー。14枚のアルバムを発表。
作詞家としても活動し、岩本正樹とユニットを組んで作った、
中山美穂の『ただ泣きたくなるの』はミリオンセラーとなった。
現在、山下達郎・竹内まりあのサポートメンバーとして各ツアーに参加している。
ソロ活動としては、コンサート等を、年間15〜25本程行い、
彼女のさわやかな歌声で高い評価を得ている。JASRAC作詞家正会員。

【塩谷達也】

国際基督教大(ICU)卒。
黒人文化(African American Studies)研究のための
ニューヨーク市立大留学を経て、音楽活動を開始。
97年ソニー・レコードと契約、メジャー、インディーズ合わせて、
2枚のシングル、5枚のアルバムを発表。スピリチュアルな歌声を持つシンガーとしてだけでなく、
ソングライターとしての独特な世界観も幅広い層から支持されている。
レーベル「GOOD NEWS」を設立、アメリカの第一線の
R&B/ゴスペル・ミュージシャンをオーガナイズし、7枚のアルバムをリリース。
音楽活動と並行して、ゴスペルの「紹介者」としても活躍。
各地でのゴスペルクワイアの指導、「ゴスペルの本」などの著作活動、
メディアでの出演など、その活動は多岐にわたる。
’05年秋、初の2枚組ソロアルバムとなる『琴音』をリリース。

【塩谷美和】

カナダ在学中、地元のジャズバンドでヴォーカル活動開始。
帰国後、ゴスペル音楽と出会い1999年に米軍横田基地内で行われた
Gospel Music Workshopをきっかけに、ブラックゴスペルディレクターとして
日本各地の教会やスクールでクワイア指導、ワークショップ、
コンサートなどをおこなうようになる。
同時に横田米軍基地内黒人教会でクワイアディレクター、ミニスターを務め、
数々の海外アーティストと共演。
最近では毎月第一土曜日に池袋で主催しているゴスペルワークショップが
アメリカのYoutubeにおいて話題となりアメリカの各サイトに取り上げられた。
2008年、ゴスペルシンガー塩谷達也と結婚。

【KAZ】(Beatboxer / Singer / 講師)

齊藤和生 [福岡市博多出身 1983年生まれ]
99年アカペラに影響され練習を開始。高校卒業を期にNYに留学。
クラシックボーカルを専攻する傍らbeatboxを続け、
NY市の地下鉄や路上演奏を経て、06年日本に帰国。
同じくbeatboxerのHIRONAとbeatsick.jpを結成し、全国的に活動を展開。
08年ロンドンQueen Elizabeth Hallで開催の
BOXCON’08(ビートボックス世界大会)ファイナルステージに出演。
09年ベルリンで開催のビートボックスバトル世界大会に日本人初出場し、
世界ランクTOP 20入りを果たす。
その高精細なビートメイクと、深みのある音色から、
音楽ジャンルや年齢を超えた出演・コラボ依頼があり、
現在のソロワークでは、loop機材を使用してトラックメイクからシンガーの領域まで、
ミュージシャンとしてのアプローチを深めている。


【竹崎雄貴】

鹿児島出身 シンガーソングライター
福岡での活動後上京、現在は都内のライプハウス等で活動中。
学生時代にはゴスペルも学び、アメリカの教会でパフォーマンスをした際には、
リードヴォーカルを務めた経験もある。
2011年ゆず他2012年徳永英明のライブにてバックコーラスを務める等。

【JUNK-TION (小田和正/オフコースのトリビュート・バンド)】

2007年6月に小田和正やオフコースのトリビュート•バンドとして活動を開始する。
ヴォーカル•鎮目のハイトーンボイスと洗練されたコーラス、
完成度の高い演奏を武器に、都内や千葉県内のイベントに多数出演。
2010年からは自分達の音楽を世に伝えるべく、本格的にオリジナル楽曲の制作を開始し、
オリジナルバンドとしての活動を始める。
2011年にG-wave Factory所属アーティストとして、
日本で唯一の夫婦の愛にフォーカスした楽曲を奏でるバンドとして、脚光を浴びる。
2011年10月にファーストマキシシングル(『最愛の妻“きみ”へ』)、
2012年1月にセカンドマキシシングル(『結婚記念日 2人だけのアニバーサリー』)のリリースを行い、
現在は2011年10月より始まったラジオ番組「感謝のポスト」のパーソナリティを務める傍ら、
テレビ等各種メディアに出演し、注目を集めている。
鎮目さんは東日本大震災以降、岩手県大船渡市や
宮城県東松島市など津波の被災地でボランティア活動を展開。
被災者とのふれあいの中で
「今、被災地では自殺する人もいる。何か気分を変えるものが必要。
音楽を通じて伝えていくことが私のできること」と50歳を機にデビューを決めた。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。