Schedule

2014.3.14.金.

ELECTRIK CIRCUS

>Date

FRI.14.MARCH.2014 // 21:00 OPEN

LineUp

SpecialGuestAct

: CD HATA ( from Dachambo )

GuestDJ

: Ryo Tsutsui ( EDEN / Weekend Warriorz )

OpeningLapTopLIVE

: 蜻蛉-TONBO-

EC-Resident

: FUNKYGONG ( JOUJOUKA / MADSKIPPERS )

: MAX ( TOTEM )

Visual&Space

: VJ TONTON

Entrance Fee

: 2,000yen(w/f) : 2,500yen(door)

<ELECTRIKCIRCUS>レジデントDJ:FUNKYGONGを中心に青山月見ル君想フにて独自のUndergroundパーティーを展開。

2014.3.14.FeaturingGuestはサイケデリックジャムバンド“Dachambo”Machine and Motivation担当として数多のフェスティバルを湧かし、現在はSINSUKE FUJIEDAによるプロジェクト“Polar Chalors”としても活躍中の<CD HATA>。渋谷AIRのロングランパーティー“EDEN”やパーティークリエイター集団“WeekendWarriorz”のメンバーとしても活躍、もはや東京クラブシーンの中核を担うDJ<Ryo Tsutsui>。更にOpeningActには渋谷RUBYROOMを中心にフォークからHIPHOP、ダンスミュージックシーンまで自在に横断するDJ/Producer<蜻蛉-TONBO>LapTopライブを敢行!!

空間演出にはライブミックスにこだわった生粋のVJとしてビジュアル・ミュージシャンの肩書きをもつ<VJ TONTON>EC@月見ルを別次元の空間へ。レジデントFUNKY GONG/MAXとの化学変化で良質の刺激をフロアーにドロップします。CU@DanceFloor!!


) インターネット予約 〔 2月14日0:00~3月12日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 2月14日~ 〕

CD HATA (Dachambo / Polar Chalors)

Yahoo公認フェス番長、日本最強(狂)サイケデリックジャムバンド”Dachambo”の「Machine and Motivation」担当。
MixCD「synesthetic amalgamation permutation」「Japoniako publikoa naiz」をリリースするなど、DJとしても本格的に活動中。
2011年にはオーストラリアのフェスティバルでも観客を沸かせ、2013年5月フランス~スペインDJツアーを行う。
日本のみならず世界中のフロアを日々歓喜の渦に巻き込み、誰よりも多くのフロアを体験し、エレクトロミュージックに深く精通するCD HATAならではのDJ PLAYは必見である。
sotec社「Logic Studio テクニカルマスター」を執筆、各方面で高い評価を得る。
現在、国内最大級クラブミュージック情報サイト「clubberia」にて音楽機材に関してのコラム「Machine-de-MUSIC」を展開中
http://www.clubberia.com/features/63/Machine-de-MUSIC/
HATAとSINSUKE FUJIEDAによるプロジェクト『Polar Chalors』(ポーラーカラーズ)として、2013年7月 2nd アルバム『Elements of Multiverse』リリース
インプロ打ち込みユニット『CD HATA×KOYAS』を始動、2014年1月「Play off the cuff Vol.1~encounter~」リリース

CD HATA
facebook http://www.facebook.com/CDHATADachambo
Twitter http://twitter.com/DJHATA_Dachambo
tumblr http://hatadachambo.tumblr.com/
mixcloud http://www.mixcloud.com/CDHATA/

CD HATA×KOYAS
http://psymatics.net/sp/cdhata_koyas.html

Dachambo
OFFCIAL SITE  http://www.dachambo.com

HATA & SINSUKE FUJIEDA ユニット『Polar Chalors』
facebook http://www.facebook.com/pages/POLAR-CHALORS/140636936039935
tumblr http://polarchalors.tumblr.com/

FUNKYGONG(JOUJOUKA/MADSKIPPERS)

MINORU TSUNODA。1980年代より、オルタナティブロックバンドでヴォーカル兼ギタリストとして活躍。 1998 年、DJ TSUYOSHIとのユニット”JOUJOUKA”にギタリストとして加入。同時期にDJとしてのキャリアもスタート、FUJI ROCK FESをはじめとする国内大型FESやPARTYに数多く出演。近年では3年連続でバリのニューイヤーパーティーに出演するなどアジアを中心に海外でのDJプレイも精力的に行う。インドネシアのCLUB系雑誌“The Beat Magazin”にて“The Beat Awards 2008”のBest International DJ Performanceにノミネート、さらにアジアを中心とする音楽アワードAVIMA2009でJOUJOUKAがBEST DANCE ACTを受賞、翌年、FUNKY GONGの楽曲“MUZIK DOWN”がBEST ELECTRO TRACKに選ばれるなど高い評価を得る。2004年からGUITARとDJを同時に演奏する前衛的なスタイルに挑戦するなど、その表現は従来のDJの枠を遥かに飛び 越え、幅広い層の支持を集めている。また、JOUJOUKAや自身のソロプロジェクトでのトラックメイキングやリミックス・ワークも積極的に行ってお り、2010年4月、待望の1st ALBUM “BLOW”をリリース。全国20箇所以上に及ぶツアーを展開し、各地に旋風を巻き起こし、2013年JOUJOUKAの7th Albumをリリース!!そして現在、FUNKY GONG 2nd ALBUM製作中!!



RYO TSUTSUI (Weekend Warriorz / EDEN)

15才よりドラムを始め、東京、ロンドンを中心に多数のライブアクトを経験。2000年、ダンスミュージックの衝撃的なムーヴメントに大き く影響を受けて、DJへ転身。EDEN@AIRのレジデントの一員として活動を開始。Global UndergroundやSeriousなど、世界規模のパーティとのコラボレーションも成功させ、2004年にはオーストラリアにて初の海外出演も果た す。また2006年には、「EDEN」のコンピレーションCDを通じて初のオリジナルトラック”smashing pumpkin”を発表。2008年、新パーティWEEKEND WARRIORZを立ち上げる。当初からピストバイクを始めとしたストリートカルチャーとのクロスオーバーに軸足を置きつつ、高い評価を得るそのサウンドと共に無視できない存在へと頭角を現していく。その後、インドネシア、タイ、マカオ、韓国などアジア各国へ積極的に進出を開始。タイではバンコクを拠点とするダンス系インターネットラジオUB Radioで自身の番組「Tokyo Sessions」をスタートさせる。ここ日本においても2009年RED BULLが主催するクラブイベントのコンペティション”RED BULL NIGHT MASTER”にEDENで参加、堂々の優勝に輝き、日本のクラブパーティとして初のタイトルホルダーの称号を勝ち取る。続けて同年11月には個人としてDJコンテスト”PARAGONICA”へも参加、見事優勝し二冠を達成する。2010年2月~3月にかけて2週間に及ぶ南米チリツアーも 経験。2011年5月、あの忌まわしい東日本大震災を受けシーン全体が静まり返る中、WEEKEND WARRIORZとして全身全霊をかけたパーティをWOMBにて開催、圧倒的な支持を得る。またWEEKEND WARRIORZを通じてStarFesやHaciendaなどの大型フェスのプロデュースも経験。楽曲制作においても2012年にニューヨークのEON5からKoutarou.Aとの共作によるTokyo EPを発表したのを皮切りに、2013年7月に日本のBass Works RecordingsからEden EPを、8月にはクロアチアのAudiometric RecordsよりTokyo Connection Vol.2を発表。
RYO TSUTSUIというアーティストはDJとして音をカテゴライズすることを嫌い、あくまで自分の感覚を表現する上で必要な音を鳴らすという姿勢を保ち続け ていて、その繊細な感覚は人の心を揺さぶる豊かな魅力に溢れている。


VJ TONTON (DEADBOYZ)

空間演出家、ビジュアル・ミュージシャンの肩書きを持ち、DJやミュージシャンの即興に合わせ、様々なヴィジュアルをミックスしフロアを光と色彩のファンタジーを作り出す。あくまでライブミックスにこだわった生粋のVJ。活動開始以来、ラジオ番組と共同で世界初のインターネットストリーミングでのVJ放送や3Dマッピングを使用してのVJなど表現者の根本である”実験”を常にし続け、「Space Gathering」「METAMORPHOSE
から「Girls Award 」や「J-WAVE NIGHT」など屋内、野外を問わず様々なパーティーに参加。2012年からはスペインのイビサ島に夏の拠点を移した。現在レギュラーパーティーは「MUSIC ON」「WAX DA JAM」そして、東京発、世界進出パーティー「SUNNY」でさらなる飛躍が期待されている。また、”De-R(ex.KLOMA・JULIETTA)”とのビジュアル・セッションユニット『DEADBOYZ』でのプレイスタイルは他に類が無く、映像を見せるという無駄な固定概念を取り払ったミニマリズム・ビジュアル・ミュージシャンとしてのスタイルを確立した。VJ TONTONは、これからも様々なミュージシャンとのライブセッションを重ね、VJとしての表現を深めつつ、様々な場所で光をミックスし見るものを魅了し続ける。


蜻蛉-TONBO-

Trackmaker / Producer / Singer
DigitalからAcotsticまで様々な形で音楽活動を行う。
原始性(acoustic)と現代性(digital)に触れる事で、魂への現代的アプローチを探り、幾多も訪れる二度とない空間を一つに繋げられる様に全霊を賭して魂を振動させる音楽家。
始まりの混沌へ誘う「蜻蛉祭」主宰。
【soundcloud】
http://m.soundcloud.com/djtonbo

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。