Schedule

2014.4.13.日.

Angillous 復活公演

Angillous (アンギラス)は1977年に国際基督教大学(ICU)の
学内バンドとして結成されたアマチュアバンド。
結成37年ということになるが、実際にはメンバーの就職、海外勤務などで休眠期間が25年ぐらいあり、
およそ「月見ル君想フ」で公演するレベルのバンドではない。
ただ、使用機材が多くセッティング変換に時間がかかったり、
中華ロックという特異なジャンルで内容的に対バンを見つけにくいこともあり、
単独公演にせざるを得ないのが実態だ。

今回は2011~12年の活動を経て Angillous を去り、
Legend of Rock に参加するQueer に注力することとなった
キーボードの佐久間の後任探しに手間取り、大きなライヴとしては2年ぶりとなる。
新メンバー橋本を迎えての今回は、従来練習していた曲を披露すべく、
前半は Led Zeppelin の曲を、後半は台湾のロックバンド信樂團の曲を演奏する。

信樂團は2002年に台湾でデビュー、ボーカルの蘇見信が07年に脱退後、大陸に活動拠点を移し、
貴州省出身の劉文傑 (リウ・ウェンジェ)を新ボーカルに活動中のグループ。
「死了都的愛」「離歌」「海闊天空」など中華圏では超有名な大ヒット曲を持つ。
Angillous のボーカル大野が北京赴任中にファンになり、
会う機会があって度重なる宴会を経て酒肉朋友となり、
彼らに心酔する大野の希望で彼らの曲が大量に演奏される次第。

2012年のライヴには、信樂團のべーシスト劉曉華が数曲ゲスト参加した。
今年も信樂團メンバーのゲスト出演が見込まれる。
またゲスト女性ボーカル彭莉琪(パン・リーチ)を迎え、
中華曲の充実を図っているのも見どころのひとつ。

Angillous ホームページ
http://angillous.web.fc2.com/


op 15:30 st 16:00 ・ 前 2,000 当 3,000 +1D 500

(ご予約は、kasew@ae.auone-net.jp へどうぞ)

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。