Schedule

2014.8.10.日.

夜) 満月と夜たち 5日目 「vector field」

月見ル君想フにグランドピアノがあるスペシャル期間「満月と夜たち」第5夜は現在最も注目をあつめるピアニストの一人、桑原あいが登場!!豪華な共演アーティストは、若手最強のエレクトロジャズバンドYasei Collectiveのリズム帯によるZa FeeDo、バルセロナで活躍する日本人ピアニストCHIO ALLINが登場。豪華な夜を彩ります。
出演:
● Ai Kuwabara×Ema (桑原あい(pf),Ema(vo)
● Za FeeDo (沖めい(vo),松下マサナオ(ds),田中”tak”拓也(gt),中西道彦(ba))
● CHIO ALLIN  (CHIO ALLIN(pf,vo),宮良直哉(ds))
——————————-
Opening act
● 小室響 Rhythm Zombie feat. kohei Ando         (小室響(p)安藤康平(as)新井和輝(b)勢喜遊(ds))


op 18:00 st 18:30 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500

) インターネット予約 〔 7月5日0:00~8月8日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 7月5日~ 〕


桑原あい

1991年生まれ。
2010年、洗足学園高等学校音楽科ジャズピアノ専攻を卒業。これまでにピアノを蟻正行義、山下葉子、財満和音の各氏に師事。

幼少よりヤマハ音楽教室にてエレクトーンと作曲を学ぶ。小学生時代は、ヤマハエレクトーンコンクール全日本大会金賞を含む入賞多数。2004年、雑誌「AERA」に天才エレクトーン少女として掲載される。小椋佳氏主催ミュージカル「アルゴ」エレクトーン奏者を務める。
中学生後半よりピアノに転向。高校卒業後、2010年4月にファーストライヴを行い、企画・演出・作曲のすべてを自身で手がけ好評を得る。2011年5月〜8月にかけ、ヤングアメリカンズ・ドイツ公演のピアニストとしてドイツに滞在し演奏活動を行う。2011年10月〜11月は『大泉ワンマンショー』のピアニストとして、全国ツアーに参加。金沢にある21世紀美術館にて行われたクリスマスイベント『ベーゼンドルファーを弾く vol.14』出演。

ファッションブランド「mastermind JAPAN」初のオフィシャルCD参加や、Def Techベストアルバム参加など、レコーディングワークも多数行う。

2012年5月にすべて自主制作された1stアルバム『from here to there』にボーナストラックを加え、同年11月にeweから改めてリリースし、全国デビューを果たした。翌2013年4月にリリースした2ndアルバム『THE SIXTH SENSE』は、タワーレコードジャズチャート1位を獲得。Japan Times誌2013年上半期ベストアルバム(ジャズ部門)に選出される。
2013年、サッポロシティジャズ札幌公演・東京公演共に出演。第12回東京JAZZフェスティバル(東京国際フォーラム・ホールA)出演。

自身のトリオプロジェクトを中心に、様々なジャンルの活動を行っている。

http://3shimai.com/ai/

CHIO ALLIN(チオ・アリン)

東京生まれ。国立音楽大学卒業後、キューバ国立芸術大学に留学。クラシック、ジャズ、ロック、キューバンと多彩な音楽を探求したうえに、コンテンポラリー なピアノと深い叙情を湛えた歌で、新しいスタイルを創造する。2009年に発表したデビュー作『ニワニワ』(MUSIC CAMP, Inc.)は、音楽誌などで大きな話題に。現在はスペイン、バル セロナにある「コンセルバトリアLICEU」で学びながら、公演やサーカスでの演奏など多彩でユニークな活動を行い注目を受けている。

Za FeeDo(ザ・フィード)

2012年始動。
独自の世界観を持つ沖メイの希有なボーカルを中心に、ヤセイ・コレクティブのリズムセクション+人気実力No.1のギタリスト田中”TAK”拓也が繰り広げる演奏は唯一無二。変則的でポップな楽曲とパフォーマンスが観客を魅了し、多くのミュージシャンからも厚い支持を得ている。
結成後10ヶ月足らずで他に類を見ない歌モノバンドに成長したZa FeeDo。新しい時代のバンドサウンドとして今後の活動に期待が高まる。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。