Tsuki Koyomi

2010.4.1.木.

卯月

【花吹雪き春の終か始りか】浮き浮きしてきたらいよいよ「卯月」の到来です。卯の花がその白い五弁の花を咲かせるのが4月なので、今月を「卯の花月=卯月」とする説が一番もっともらしいですが、いやいや「卯月」の「う」は「産」や「初」を示し、草木萌え一年の循環がはじまることを意味するなんて説もあります。どちらにしても、卯月という二字には生命力に満ち満ちた消息が吹き込まれているようです。なるほど新入生やフレッシュマンなど多くの人にとって出発の月である今月には、穏やかな気候も手伝って、初心と好奇心の花開く初月であるはずです。お釈迦さまのバースデイを祝う灌仏会や、イエスさんのReバースデイを記念する復活祭、昭和の日などなど、世界的なお誕生日会も目白押しの産月でもいい。

少女指せば 昼月ありぬ 春の終  西東三鬼

私たちの春めいた4月は、旧暦(太陰暦)に当てはめてみると二月十七日~三月十七日にあたり、暦の上ではすがすがしい明るさに満ちあふれる5日の「清明」、20日には準備を終えた田畑へこまやかに最後の春雨が降りる「穀雨」を迎え、暦の上に居た春は、もう立ち去ろうとしていることに。五感で春が来たと知っても、暦の唇はもう去ったと言う。エイプリルフールでもあるまいし。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。