Schedule

2015.5.3.日.

夜) パラシュートセッション祭 3日目 夜「Ropes × おとぎ話アコースティック」


【出演】

Ropes

アチコ(Vocal) 戸高 賢史(Gt)によるアブストラクトなユニット。

//2011年
-前身バンドKARENの解散後Ropesを結成。
-FLAKE RECORDSより単独音源「SLOW/LASTDAY」を7インチのみでリリース。
(即完売の為、現在は入手困難)
-「KAIKOO POPWAVE FESTIVAL 2011」に出演。

//2012年
-OWEN Japan Tour 2012 サポート。
-Mount Eerie & Tenniscoats Japan Tour サポート。
-Thao and Mirah JAPAN TOUR サポート。

//2013年
-以前より交流のあったロックバンド、LOSTAGEのメンバー運営によるTHROAT RECORDSから、
待望の全国流通のミニアルバムをリリース。
リリースを記念した富士見丘教会でのワンマンライブは、即ソールドアウト。
大阪シャングリラでもワンマンライブを行う。

//2014年
-FLAKE RECORDSよりLOSTAGE五味兄弟とのスプリット7インチ「パノラマ/こどもたち」をリリース。
-「NANO-MUGEN FES.2014」出演。

おとぎ話アコースティック

2000年に同じ大学で出会った有馬と風間により結成。
2 年後に同大学に入学した牛尾が加入、その数年後に同大学にて
clisms CLISMSというバンドで活動していた前越が加入し現在の編成になる。

2007年に uk UKプロジェクトより 1st アルバム「SALE!」を発表すると、
数々のミュージシャンからのラブコールが増え共演を果たし
2008年の 2nd「理由なき反抗」、2010 年3rd「FAIRYTALE」において
初期のおとぎ話におけるオリジナリティーを確立させた。

ROSE RECORDS からの 2010 年の 4th「HOKORI」、
2011 年の 5th「BIG BANG ATTACK」では、今までの「うたもの」の要素に独特なジャンク感を
ポップに大胆にミックスし再び UK プロジェクトからの 2013年の 6th「THE WORLD」で
独自のロックンロールを表現する唯一無二の存在感を得るに至った。
また、実は結成 15 年目のバンドであり、ライヴバンドとしての評価も高く、
共演を熱望するミュージシャンは若い世代の新人バンドから有無を言わさぬ
大先輩ミュージシャンまでジャンルを問わずにあとをたたない。
日本人による不思議でポップなロックンロールをコンセプトに活動中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パラシュートセッション」=「1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」!!!

2013年9月にF.I.B JOURNALの山崎円城&月見ル君想フのタカハシコーキによる試行錯誤の中から生まれた当企画、これまで15回以上の名演を生み出し、月見ルの名物企画となっていた「パラシュートセッション」が、今回GWスペシャルとしてなんと8日連続、昼・夜合わせて計26組、怒涛の全13公演で 開催が決定!!!

パラシュートセッションとは、、、

会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、
本物のパラシュートが張り巡らされ、ステージではなく普段は客席になっている
「フロア」に2バンドが向かい合わせにセッティングします。

オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来、
演奏者の生音や息遣いまで聴こえるなかで、
両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く
「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイルです。

さらに・・・

今回は、昨年末にオープンした台北の姉妹店「台北月見ル君想フ」にて、
全公演生放送が決定、現地会場限定での放映を致します。

op 19:00 st 20:00 ・ 前 2,800 当 3,300 +1D 500

e+ 予約サイト (4/3〜)
) インターネット予約 〔 4月3日0:00~5月1日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 4月3日~ 〕
※整理番号順入場 (e+ → 店頭予約の順で入場となります)

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。