Schedule

2015.6.9.火.

パラシュートセッション祭2015″Exhibition Match”「F.I.B JOURNAL × Primitive Art Orchestra」

「パラシュートセッション」=「1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」!!!
2013年9月にF.I.B JOURNALの山崎円城&月見ル君想フのタカハシコーキによる試行錯誤の中から生まれた当企画、これまで15回以上の名演を生み出し、月見ルの名物企画となっていた「パラシュートセッション」が、GWスペシャルとして8日連続、昼・夜合わせて計26組、怒涛の全13公演で 開催が決定!!!

今回一連の流れとはひと月空きますが、エキシビジョンマッチとして、パラシュートセッションの産みの親であるF.I.B JOURNALと、新鋭ジャズトリオPrimitive Art Orchestraのスペシャル2マンが決定!!

パラシュートセッションとは、、、
会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、
本物のパラシュートが張り巡らされ、ステージではなく普段は客席になっている
「フロア」に2バンドが向かい合わせにセッティングします。
オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来、
演奏者の生音や息遣いまで聴こえるなかで、
両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く
「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイルです。

出演:F.I.B JOURNAL / Primitive Art Orchestra

前売:3000yen/ 当日:3500yen (共に入場時+1d)
Open 18:30 / Start 19:30


) インターネット予約 〔 4月9日0:00~6月7日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 4月9日~ 〕



F.I.B JOURNAL

山崎円城 (Vo,Gt)
真船勝博 (Ba)
沼直也 (Dr)

山崎円城が2003年に立ち上げた国内屈指のポエトリージャズ。
2005年からEgo-wrappin’のサポートベーシストとして活動する真船勝博、ドラマー沼直也が正式加入。トリオ編成に。

コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上にスポークンワーズが絡む独特なスタイルは、現代のビートニク音楽である。F.I.B JOURNALとして現在までに5枚のフルアルバムを発表している。

2009年に発表した”Calm & Punk”では、パンクの精神を抱いたビートニクの怒れるジャズ「ジャズパンク」とも称される。

2003.10 1st Album “F.I.B HEADLINE”(basis records)
2006.03 2nd Album “ROUTINE4229″(basis records)
2007.09 3rd Album “Ordinary Folk Records”(Ordinary Folk Records)
2009.01 3rd Album+DVD “Ordinary Folk Records+”(Ordinary Folk Records)
2009.01 4th Album “Calm & Punk”(Ordinary Folk Records)
2013.03 5th Album “紙よさらば”(Ordinary Folk Records)

2013年、管やオルガン、パーカッションを加えた、ビックバンド編成Orquesta F.I.B JOURNALを不定期にスタート。

2014.02 7inch Single “老いたる国の夜明け / 紙よさらば”
2014.08 Tape e.p “Orquesta F.I.B JOURNAL e.p”
2015.01 Album “Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings”をリリース。



Primitive Art Orchestra

伊藤隆郎 Takao Ito:Drums
木村イオリ Iori Kimura:Piano
森田 晃平 Kohei Morita:bass

bohemianvoodoo のキーボーディスト・木村イオリ、TRI4TH / THE MANのドラマー・伊藤隆郎、そして新進気鋭の若手ベーシスト森田晃平により2011年12月29日結成。
素朴で原始的という意味での <Primitive> 、トリオと言う限られた編成に壮大な広がりを持たせたいという意味での <Orchestra> –対極的なイメージを通じて繰り広げられる幻想世界。
70sジャズ、ヨーロピアンジャズ、90sクラブミュージック、ロックにインスパイアされた、ピアノ・コントラバス・ドラムスの最小編成オーケストラ。
2014年9月、満を持してデビューアルバム”HELIX”をリリースする。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。