Schedule

2015.12.10.木.

SULTAN OF THE DISCO Japan Tour 2015 at AOYAMA MOONROMANTIC<第二夜>

昨年のグラストンベリーを興奮の坩堝に巻き込み、
BB昨Cをはじめ英国の現地メディアからも絶賛を浴びた
韓国の5人組ソウル/ファンク/ディスコバンド、スルタン・オブ・ザ・ディスコ。
チャン・ギハと顔たちを輩出したブンガブンガレコードの看板アーティストでもある彼らが、
昨年のサマーソニック出演に続いて待望の再来日!

彼らがこよなく愛するCHICやクール&ザ・ギャングをはじめとした70~80年代のディスコ・ファンク・サウンドを基調としつつも、
ヴァラエティに富んだレパートリーを、軽快かつ濃厚、そしてユーモラスに、鮮やかなまでの手際で
スルタン・オブ・ザ・ディスコならではの色に染め上げる素晴らしいライブ・パフォーマンスは必見!

12月9日には先日ソウルで行われたスルタン・オブ・ザ・ディスコとの2マンで
初めて見る韓国の観客たちを熱狂させ、メンバー同士すっかり意気投合した “LIVE CHAMP” SCOOBIE DO、
12月10日にはスルタンのメンバーがミュージック・ビデオを見て一目惚れしたという
ガレージなアフロソウルファンクバンド、思い出野郎Aチームが出演。
さらに9日はサイトウ ”JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD) もDJで参加!
申し分ない対バン相手にも恵まれたスルタンが、二夜にわたって最高にファンキーな宴を盛り上げる。

開場 19:00 開演 19:30
前売予約 ¥3,000 当日¥3,500(ドリンク代別)

※先着順入場
整列は18:30~開始致します。
当店の周辺が住宅地になりますので、18:30より前にお越しにならないよう
ご理解・ご協力お願い致します。

【LIVE】スルタン・オブ・ザ・ディスコ, 思い出野郎Aチーム,ZEN-LA-ROCK & KIRIN,DJ MOBY (SCOOBIE DO)


) インターネット予約 〔 11月19日16:00~12月8日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 11月19日16:00~ 〕


スルタン・オブ・ザ・ディスコ (SULTAN OF THE DISCO)
ナジャム・ス(ヴォーカル、ダンス)、J・J・ハッサン(ダンス)、キム・ガンジ(ドラム)、ジー(ベース)、ホンギ(ギター)
から成る5人組のソウル/ファンク/ディスコバンド。キャッチフレーズは「ディスコの黄金時代を復活させるダンスフロアの帝王」。
一説には2006年、ダイアー・ストレイツの曲「悲しきサルタン(Sultans of Swing)」に
インスパイアされて結成。当初は口パクのダンスグループだったが、2010年頃から現在のバンド編成となった。
同年5月にEP『Groove Official』を発表、韓国大衆音楽賞の最優秀ダンス/エレクトロニック・ソング部門にノミネートされる。
2013年2月、先行シングル『オリエンタルディスコ特急』に続くファースト・アルバム『The Golden Age』をリリース、
韓国大衆音楽賞の最優秀ダンス/エレクトロニックアルバム部門にノミネート。
同年6月には英グラストンベリー、8月には日本のサマーソニックと、国内外の大型フェスにも多数出演。
同年、『テンテンボール』と『ウェエエエエ』の2曲をシングル・リリース。
最新音源は、ビヨンセやレディー・ガガも手がけたグラミー賞プロデューサー、トニー・マセラティと組んで
米国で制作され、2015年7月にリリースされたシングル『SQ (We Don’t Need No EQ IQ)』。
ナジャム・スは、ブンガブンガレコード所属の録音エンジニアとしても活躍しており、
チャン・ギハと顔たちをはじめ、同レーベルと関わりのある多くのアーティストの録音・ミックスを手がけている。
キム・ガンジは「エセ」ラテン・バンドのブルナバン・スター・ソーセージ・クラブや来日公演も行ったハ・ホンジンとの
ブルース・デュオ、ジーは自身のリーダー・バンドであるパラソル、ホンギは今年惜しくも解散したレゲエ/スカ・バンドの
レスカでの活動でも知られ、近年の韓国インディーの多様なあり方を体現するような重要人物ばかりである。
http://www.sultanofthedisco.com


思い出野郎Aチーム:
2009年・夏、多摩美術大学にて結成。
ファンク、ソウル、レゲエ、ディスコ、アフリカンミュージック、パンク、飲酒を織り交ぜたスタイルで活動中。

2012年、FUJI ROCK FESTIVAL「ROOKIE A GO-GO」に出演。帰り道で交通事故に遭うも、無事生還。
在日ファンクのシングル特典映像及びMVのセットデザインの製作、
高木壮太氏の著書「荒唐無稽音楽事典」の編集を担当するなど、音楽以外でも多岐にわたって活動中。
2014年、mabanuaプロデュースの楽曲「TIME IS OVER」が収録された7インチをJazzy Sport × felicityよりリリース。
2015年には初のアルバム「WEEKEND SOUL BAND」を発売。
アルバムのリリース以降、FUJI ROCK FESTIVAL ’15、Sunset Live 2015に出演するなど、活動の場を広げている。
http://oyat.jp
月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。