Schedule

2010.8.6.金.

Jojo Mayer/Nerve Japan tour 2010


Jojo Mayer/Nerve Japan tour 2010 ) HP

Nerve ) HP ) Youtube ) My Space

op 19:00 st 20:00 ・ 前3,300 当 3,800 +1D 500

) インターネット予約 〔 7月6日0:00~8月4日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 7月6日~ 〕

Nerve

98年の春、ナーブはインテリジェントエレクトロニック/DJカルチャーに興味を持つニューヨークのミュージシャン達による、ライブ”エレクトロニック”ミュージックの新しいパラダイムのパイオニア的な実験的プラットフォームとして、 ジョジョマイヤーを中心にはじまった。

一度エレクトロニック音楽を分解、分析しデジタルプロダクションのテクスチャーとリズムをライブ演奏に再構築することが彼らのアイディアである。

ドラム、ベース、キーボード、サウンドプロセッシング全てを生演奏で行い、ループ、シーケンシング、プリプロダクションは一切使わずに全てのサウンド、そしてリズムはリアルタイムで作られている。

様々なエレメンツによるインスピレーションで進化しつつある DJカルチャーの語法と、ジャズ的なインターラクションを利用したサウンドプロセッシングは普段スタジオ内で行われるが、ナーブは高いスキルとダイナミックでハイブリットなインプロビゼイションで演奏されたライブ演奏の方向性を作り出し、彼ら独自のサウンドを生み出している。

結成して数ヶ月でナーブはNYのダウンタウンシーン/メディアにおいて大きな反響をよび、ナーブの演奏を中心にした伝説的な“Prohibited Beats”(プロヒビティッド・ビーツ)パーティーが生まれることになる。

2001年、ナーブはNYのホームベースを飛び出しヨーロッパのクラブ/フェスティバルでの活動を開始する。さらにバンド単体のみならず“Prohibited Beats”としてもパーティーを行い、多くのカルト的なファンを集めている。

ライブ演奏による予測の着かない、ユニークでその場だけのライブ体験を目指し、スタジオレコーディングを行わなかったが、長年の多くのファンからの要求によりNY, Berlin, Zurich にてインターナショナルツアーにおいて発展してきた様々なマテリアルをスタジオ内で実験し始める。

ナーブ独自のオリジナルコンセプトになるべく留まる為、全てのレコーディングはプログラミングなどを一切使わずにライブ演奏されている。

これらの初期のレコーディングと2010年の新たなレコーディングは、今ついに”Nerve/Prohibited Beats”としてリリースされた。

ナーブのメンバーはジョジョ・マイヤーの他、ダブエンジニア(リアルタイムオーディオディコンストラクション)にローリー・モシマン(フェイスノーモア、ニューオーダーなどのプロデュース、そしてNYの伝説的ノーウェイブバンド 、”スワンズ”のドラマー)、キーボード/トランペットに中村卓也(マリアンヌ、オルガニックグルーブスのメンバー、さらにアート・リンゼイ、ブラジリアンガールズ、ヴィニシス・カントゥリアのサポートなどでも活躍)、ベーシストにジョン・デーヴィス(デンジャー・マウス、ザ・ブラックキーズ、ブラックロック、ジェームス・イハなど著名人との多数プロジェクトを手がけ、自身とパートナーが経営するブルックリンのザ・バンカースタジオにおいてプロデューサー/エンジニアとしても活動中)と多才で世界的に活躍するミュージシャンで成り立っている。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。