Schedule

2016.12.1.木.

ALB (FRANCE) SPECIAL LIVE supported by Institut francais



中古レコード、アナログ・シンセサイザー、ヴィンテージのビデオゲームを愛する、ランス出身のアルブ(ALB)ことクレモン・ダキャン。形式や決まりごとにとらわれない彼の手作りポップのベースにあるのは、フレディ・マーキュリーやピンク・フロイド、デヴィッド・ボウイに対するオブセッションです。

Open 19:00 Start 19:45 ・ 前売 2,000 当日 2,500 +1D 500
(*学割有り ¥1000/¥1500 ドリンク代別途)

※先着順入場
但し18:30(開場30分前)より整列開始致します。
それより前にご来場頂いてもお待ちいただけませんのであらかじめご了承ください。

) インターネット予約 〔 11月1日0:00~11月29日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 11月1日~ 〕

ALB
本名Clément Daquin(クレモン・ダカン)。フレンチ・エレクトロポップ・アーティスト。2006年、EP盤「CV 209」でデビュー。その後2007年にアルバム「Mange-disque」を制作。フレンチエレクトロタッチでありつつも、チープなファミコンサウンドを効かせ、スウィートでポップなメロディが炸裂する内容が評判です。またオレンジ色のレコードプレイヤーを模したプラスティックパッケージが「可愛い!音の方も間違いない」と各所で話題になります。
2012年に発表した「Golden Chains」では、現在の消費社会をブラックユーモアたっぷりに表現し、インタラクティブなPVでも話題をさらいます。また、この曲はプジョー208のCMにも起用され、一気に知名度を上げました。

2013年にリリースした「Whispers Under the Moonlight」は、またもプジョーのCMに起用されました。また、このEP盤にはアレックス・ゴファー(フレンチ・エレクトロブームを牽引したアーティスト&サウンドプロデューサー)やAirのジャン=ブノワ・ダンケルによるリミックスも収録です。2014年2月にフランス国内チャートでベスト10に入る。同年、満を持してセカンドアルバム「Come Out! It’s Beautiful」を発表しています。


マイカ・ルブテ

日仏ハーフの女性SSW/トラックメーカー。 東京在住。幼少期から十代を日本・パリ・香港で過ごし、
14歳で作詞/作曲、 自宅でのレコーディングを始める。2014年からソロ活動を開始し、
2016年初秋、ニューアルバム『Le Zip』をリリース。デジタルでの配信リリースに続き、フィジカル版にはMitch Nakano、Yukari Shinomiyaなど友人クリエイター たちとのコラボレーションによる42ページの
ART BOOKがついたCD+BOOK版を発売 (取扱店)。Tokyo Art Book Fair2016への出演・出展をきっかけに、
600部のみ限定生産されたパッケージ版が取扱店舗の各所で欠品が相次ぐなど注目を集める。
東京都内を中心に、国内外でのライブ活動を精力的に行う。

また、大野由美子(Buffalo Daughter)、Neat’s+AZUMA HITOMIらによるアナログシン セサイザーカルテット「Hello Wendy!」のメンバーとしても活躍中。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。