Schedule

2018.1.10.水.

パラシュートセッションVol.51「showmore × オノマトペル」

2バンドが向かい合い1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル、パラシュートセッション。
51回目のラインナップは確かな表現力に支えられた、上質なポップスバンド2組が初顔合わせ。
センセーショナルポップと銘打って、Motion Blue Yokohamaでのワンマンライブなど活躍の場を広げる、根津まなみと井上惇志によるshowmoreと、独特な世界観をもつシンガーソングライター横沢ローラとピアニスト工藤拓人により組まれた変則ポップ、オノマトペルが登場!!

パラシュートセッションとは?
「パラシュートセッション」=「2バンドが向かい合い1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」。月見ル君想フの客席に2組のアーティストが対峙するようにセッティング、1曲ずつ交互に演奏をする、いままでにない2マンライブ。会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、本物のパラシュートが張り巡らされ、オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来て、演奏者の生音や息遣いまで聴こえるのが特徴。両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイル。2013年にスタートして、月見ル君想フの名物イベントとして定着、すでに50回以上開催している。

出演: showmore × オノマトペル

Open 18:30 Start 19:30 ・ 前売 2,500 当日 3,000 +1D 600
※先着順入場
但し18:00(開場30分前)より整列開始致します。
それより前にご来場頂いてもお待ちいただけませんのであらかじめご了承ください。

) インターネット予約 〔 12月10日0:00~1月8日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 12月10日~ 〕


showmore
根津まなみ(Vo/作詞/作曲)、井上惇志(Key/作曲/編曲)の2人によるセンセーショナル・ポップユニット。その音楽性はジャズやヒップホップを下敷きに多彩な表情を持ち、キャッチーな歌詞と旋律で切なくアダルトな世界観をビビッドに描き出す。「正しい事ばかり言わないで。人は寂しい生き物でしょ」


オノマトペル
ピアニスト工藤拓人とシンガーソングライター横沢ローラからなるユニット。リズムや言葉遊びを取り入れ、宮沢賢治をはじめ寓話的な物語を取り入れた詞の世界観と、クラシック印象派やジャズ、ポップロックから影響を受けた音楽感で曲を構成。ユニット名は、畳語、擬音語などを意味するオノマトペに由来する。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。