Schedule

2019.1.24.木.

パラシュートセッションVol.65 「時間を編む」Noise On Trash × 金佑龍

 

当公演は予定していた扇谷一穂さんの体調不良により出演キャンセルとなりました。
それに伴い公演の内容が変わっておりますので予めご了承ください。

2バンドが向かいあわせになって、1曲ずつ交互に演奏を繰り広げる月見ルおなじみの名物企画「パラシュートセッション」
65回目を迎える今回は、パラシュートセッション発案者でF.I.B JOURNALの詩人、山崎円城率いるNoise On Trashが初登場!そして兼ねてより主催者からパラシュートセッションへの出演を熱望されていた金佑龍が電撃決定!曲順を決めずに1曲ずつ交互に演奏する独特のスタイルで、全く新しいライブ音楽体験をお約束します。


Open 18:30 Start 19:30 ・ 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500 +1D ¥600
※先着順入場
但し18:00(開場30分前)より整列開始致します。

) インターネット予約 〔 12月12日0:00~1月24日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 12月12日~ 〕

 

Noise On Trash  
山崎円城 (Vo/Gt)  / tatsu (Ba) / 栗原務 (Dr)
クラブ~ワールド~ロックなどを、「都市の先端から発信される音楽」としてフィルターにかけた、ジャンルレスなサウンドを聴かせる気鋭のグループ。

 

Kim Wooyong金 佑龍(キム ウリョン)

K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。
2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し
2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、
John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.Aや
FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。

cutman-boocheを解散後、
2011年中旬からギター片手に日本中旅をする。

2013年6月19日に2年半の沈黙を経て
ソロ名義で初のAlbum 「Live in Living」をリリース。

同年10/23にはSOULの伝道師45率いる45トリオ
【45 a.k.a. SWING-O(Key)、Sunapanng(Bass)、久保正彦(Dr)】との
コラボアルバム「キム・ウリョンと45トリオ」をリリース。

更にこの度2014年6月11に
FISHMANSの名曲『ナイトクルージング』を
12インチアナログレコード+CD封入の形式で
FLAKE RECORDSの全面協力で全国リリース。

口コミを中心にじわじわ各地でリアクションの輪が出来てきている模様!!!
ふわりふわりとヒリヒリの中に
メランコリック、トラディショナル、オーガニック
サーフミュージック経由の音遊び
その隙間に入り込むループサンプリングに
人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。
何処かの誰かに似てるようで何処の誰にもないオリジナリティー。

時々3人?6人編成で 全国を絶賛好評行脚中!
トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れ
ラムとウイスキーと落語が大好物である。

一方、自身のsessionBAND型プロジェクトPAHUMA名義と
BIGNOUN名義で河原真(ROCK’A’TRENCH)脇山広介(tobaccojuice)中嶋康孝(スピカ)と結成し活動を始める。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。