Schedule

2019.5.16.木.

Under The Exotic Moon vol.2

エキゾチック・インストバンド of Tropique によるツーマン・ライブ第2弾。今回は、4/3に1stアルバムをリリースしたばかりの、田中馨(SAKEROCK)率いるHei Tanaka が登場。
ストレンジながらポップな音楽を奏でる2組による、めくるめく音絵巻。ステージ後ろの月に映し出されるオタニじゅんのライブドローイング、そしてVIDEOTAPEMUSICのDJにもご期待ください!

< 出演 >
■ of Tropique
■ Hei Tanaka
<DJ>
■ VIDEOTAPEMUSIC

Open 18:30 Start 19:30 ・ 前売 3,000 当日 3,500 +1D 600

※先着順入場
但し18:00(開場30分前)より整列開始致します。
それより前にご来場頂いてもお待ちいただけませんのであらかじめご了承ください。

) インターネット予約 〔 3月17日0:00~5月15日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 3月17日~ 〕

 

【of Tropique (オブ・トロピーク) 】
エキゾチック・インストルメンタル・バンド。クラリネットをフロントに据え、世界中の音楽の断片を手当たり次第に、ポップにビザールに料理する。グルーヴィなライブに定評あり。
昨年10月に、オタニじゅんとのコラボレーションによる空想トラベルブック『La Palma』(オークラ出版)を発売。パリのラジオ局Le Grigriで特集を組まれるなど、世界のスキモノの間で注目を集めている。
近藤哲平 – クラリネット
八木橋恒治 – ギター、バンジョー
田名網ダイスケ – ベース
藤田亮 – ドラム
しみずけんた – その他
https://www.oftropique.com
https://oftropique.bandcamp.com

【Hei Tanaka】
元SAKEROCKの田中馨がリーダーの唯一無二のオルタナティブ・アバンギャルド・パンクロックバンド。
2012年 2ドラム、1ベースの編成で初ライブ。2014年1月のライブ後、一時活動を休止。
2016年に、ベース、ドラム、ギターにサックス3 人という現在の編成で再始動。渋谷WWWの自主企画をまさかのSOLDOUTで大盛況のうちに終わらせ、何かがまた始まったのだ。
2018年にカクバリズムから7インチシングル『やみよのさくせい』をリリース。
2019年4月、遂にリリースされる 1stアルバム『ぼ~ん』は、歌ものあり、インストありの、エネルギーの塊のような楽曲をそのままパッケー ジした、大傑作です。
田中を筆頭に個性的なメンバー各人が、それぞれの態度で音楽に振り回され続けた先にある 泣けて笑える、最後は大きなクエスチョンのお土産付き こんなにお得なライブはHei Tanakaだけ

【Hei Tanaka】
メンバー
田中 馨 ベース
池田 俊彦 ドラム
牧野 容也 ギター
サトゥーくん サックス
黒須 遊 サックス
あだち 麗三郎 サックス


VIDEOTAPEMUSIC

地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、MV制作、VJ、DJ、イベントのオーガナイズなど活動は様々。MVでは盟友ceroを始め坂本慎太郎、小島麻由美、NRQなどジャンルレスに手がける。ほかにもモデル、女優の菊池亜希子のムック本「マッシュ」のCM映像、楽曲も製作。さらに、横浜アリーナで開催されたクレイジーケンバンドの20周年ライブではVJを担当。
ライブにおいては、クラブシーンからインディペンデントシーンまで幅広く活動。ダンスミュージックとしての下地に、近年盛り上がりを見せつつあるムード音楽やラウンジミュージックの文脈から繰り出すポップでメロウなメロディは絶妙であり、映像のセンス含め、まさに洒脱な音楽を作り出している。
カクバリズムからは、2015年にロングセールス中の2ndアルバム「世界各国の夜」を、
2017年10月には3rdアルバム「ON THE AIR」をリリース。
その他にも、フランスのレーベル180GからLP「Souvenir」、DMX & ピアニカ前田の名曲のカバーが収録されたスプリット10inch「TOKYO LUV STORY」や、坂本慎太郎との共作 LP「バンコクの夜」(2016/em records)、 7inchシングル 「Kung-Fu Mambo」(2017/雷音レコード)、富山県八尾に伝わる屈指の名曲のリミックスが収録された7inchシングル「越中おわら節」(2018/electric roots) など、多数の作品を制作。
映像のみならず音楽との双方向でゆらゆら踊れる夜を演出する、そんな素敵な男がVIDEOTAPEMUSICである。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。