2022.04.14 |【観覧+配信】MTM ✕ MoonRomantic



出演

Astrohelix ✕ 近藤康平

SHAMANZ

nokki



日時

2022.04.14(木)

開場 / 18:00

開演・配信開始 / 18:30


TICKET

■会場チケット

前売り ¥3000 | 当日 ¥3500 +1D ¥600

予約URL  https://www.moonromantic.com/ticket

公演に関するお問い合わせ  03-5474-8115 月見ル君想フ


※来場順入場

開場時刻の【15分前】以降に会場前までお越し下さい。それより前の時間帯は会場前でお待ち頂けませんのであらかじめご了承ください。



■配信チケット 予約URL https://muser.link/__b/events/694



 

【ご来場チケット販売について】 ご来場チケットは人数制限がございます。規定枚数に達し次第終了となりますので、お早めのご購入をおすすめいたします。 一度お支払いいただいたチケット及び投げ銭は、中止などの場合を除き、お客様都合による払い戻しは致しません。


【ご来場の際の注意点】 ご来場の際の注意点をお読みいただいた上、アンケートフォームに必ずお答えください。 新型コロナウィルス感染拡大防止ご来場の際の注意点

http://www.moonromantic.com/?p=44300 ご来場者様用アンケートフォーム

https://forms.gle/yXhmcvdnNBpeNFY59 公演に関するお問い合わせ : 03-5474-8115

 

【出演者紹介】

Astrohelix

三味線奏者「寂空」(ジャック)、ギタリスト「ジャイ」、進化型ヒューマン・ビートボクサー「REATMO」(リトモ)という、ソロアーティスト3人が結成したアベンジャーズ的ユニット。 エレキ三味線と数々のエフェクターを駆使して、新世代の三味線サウンドを切り開く寂空は、自身がリーダーを務めるバンド「The Shamisenists」で世界的に活躍。 ソングライター、スタジオミュージシャンとして数多の楽曲で凄腕ギタリストの実力を発揮する一方、サーフィンで自然と溶け合うなかで本質的なものを深く探究し、独自の音世界をつくりだすジャイ。 REATMOは、独自のライヴループ+エフェクター機材によって声とヒューマン・ビートボックスだけで楽曲を生み出すのみならず、そこにDJ/トラックメイカー的な手法で自らの楽曲のサウンドを組み合わせる、唯一無二のサウンドクリエイター。世界各国でツアーを重ね、その手法と演奏はMaroon 5やLinkin Parkのメンバーも絶賛する。 「三味線奏者」「ギタリスト」「ヒューマン・ビートボクサー」という肩書きではおよそ形容しきれない3者の化学反応。その記念すべき生ライヴを披露!


- The Shamisenists

https://www.transist.site/the-shamisenists

- 寂空 -JACK-

https://twitter.com/ShamisenistJACK

- ジャイ

https://www.kireina-gian.com/

- REATMO

https://reatmo.net/


近藤康平

ライブペインティングパフォーマー/絵描き


1975年生まれ

鳥取大学大学院連合農学研究科卒業 森林学を学ぶ。

ライブペインティング、服飾ブランド提供、書籍装丁、CDジャケット

舞台美術、各種セレモニーでのライブペインティングなど

様々な「絵」のジャンルで活動をしている。2020年画集「ここは知らないけれど、知っている場所」(月とコンパス)刊行

その活動は国内各地のみならず台湾、NYと広がっている。茨城県取手市在住。

ライブペインティングでは

様々なミュージシャンの演奏に即興で絵を描いていくのを特徴としている。

40分前後の時間で、音楽に反応/同期しながら、巨大なキャンバスに手の平を

つかいものすごい速度で,何度も景色を塗りかえていくパフォーマンスは

「このようなライブペインティングはみたことがない」

「映画をみているようだった」と好評を得ている。

また手元で1曲につき1枚描きそれをプロジェクターで投影するスタイルも得意とする。

SHAMANZ ニュージーランド出身のフロントマン“TAMA TSUBOI”が率いる、湘南エリアを中心に活動する多国籍バンド。ジャンル・人種をクロスオーバーさせながら、Latin/Reggae/Rockをベースに情熱的なサウンドを繰り広げる。TAMAの卓越したギタースキルと哀愁漂う歌声は人々の心に刻まれる。MIKE の力強い尚且つ繊細なドラムSHAMANZ がアコスティックロックと言われ理由の一つでもある。KAI のベースとギターを同時に演奏するテクニックそしてサウンドはバンドの基盤と言っても過言ではない。現在の

SHAMANZはTama Tsuboi, Kai Petite, Mike Marringtonのトリオ

として活動を広げる。


nokki nokkiREPRESENT NORTH横浜、RAPPER、TEPPAN TV ORGANIZER、お好み焼き屋まいまい店主今年35周年を迎える【お好み焼きまいまい】の店主であるが、ラッパーとしても20年を超すキャリアのベテランMCという顔も持つ。知る人ぞ知るレジェンドクルー【空海】のMCとして当時からヘッズを唸らせてきた実力派。現在はKKPのMCとしても知られ、ソロ活動、さらにはビートメイクまでもこなし、精力的にライブ、楽曲制作を行なっている。「NEVER LEAVE ME ALONE」など、心に突き刺さるようなリリカルな楽曲から、「BEER」のようなパーティーチューンまで幅広くカバーするスタイルはまさに網目のない鉄板である事は、ヘッズならすでにご存知だろう。リリックにも定評があり、『負けとお好み焼きはひっくり返せ』などの数々の名パンチラインを生あみ出し続けている。近隣地域の人に愛され、またお世辞にもアクセスが良い場所ではない立地の中、人柄と味で多方面からも足繁く通うお客の耐えない店を構え、そして何より彼の動向を注視せずにいられないのは、その長年のキャリアの中でも一度も止まることなくアップデートされ続けるラップスキルと、歳を重ねる毎にアルコール許容値がうなぎ登りな大器晩成型飲酒キリングマシーンとして、横浜北部エリアに今日も堂々と鎮座している。