Schedule

2013.6.25.火.

nomadの輪


【nomadの輪】

渋谷・道玄坂のアンダーグラウンドな裏通り、百軒店商店街の奥にかつて「Heso」というレストランがありました。そこは料理を楽しむのはもちろんのこと、数多くのミュージシャンやアーティストが集まる、言ってみれば、1920年代のパリの芸術家たちが集うカフェやサロンのような場所でした。しかし昨年、多くの人たちに惜しまれながらも一時閉店。時間を忘れて音楽やアートを語り、いつの間にか誰かが楽器やターンテーブルを手にして自然とセッションが始まる。年齢も職業も関係なく、誰もが音楽とお酒でハッピーになれる。あの場所で生まれた自由な空気感や人の輪をつないでいくために、「Heso」でのイベントから生まれたユニット「nomad」が「音楽好き」な人たちが気軽に集まれる場所を作ります。

【出演】
nomad feat. hoshijima (SOUR)
山崎円城 (F.I.B JOURNAL) × 曽我大穂 (CINEMA dub MONKS)
jan(GREAT3) & naomi

open & start 19:00 ・ 前 2,500 当 2,800 +1D 500

) インターネット予約 〔 6月7日0:00~6月23日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 6月23日~ 〕



nomad

2011年結成。rockからjazz、noise、abstract、world musicまで幅広いジャンルを網羅したピアノ&ギターと散文作家という異色のユニット。「音楽」から湧きあがってくる「風景」を「物語」に書き起こし、演奏と共にリーディングするスタイルで活動している。2012年からはヴァイオリンも加わり、更なる「音楽の物語性」を追求中。音と言葉を頼りに「どこでもない世界」へ旅をする酔いどれ吟遊遊牧民。

madoki yamasaki
山崎円城

1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。
1993年頃より渋谷や横浜の路上でバンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。
Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。

2003年よりF.I.B JOURNALを開始。
計4枚のフルアルバムを発表している。
ジャズパンクと称されている。
2013年は詩集を等価交換リリースする。


曽我大穂(CINEMA dub MONKS)

1974年 奈良生まれ。ハーモニカ/フルート/etc..奏者。〈物語のある音楽〉をテーマに、一本の映画のようなライヴを展開する【CINEMA dub MONKS】のリーダー。サポートミュージシャンとしても”ハナレグミ”や”二階堂和美”など、様々な音楽家のライブやレコーディング にも参加中。
CINEMA dub MONKSの新作3dアルバム「永遠と一日」を、2009年10月 Monogatariレーベルよりリリース。

http://www.cinemadubmonks.jp/


j
an & naomi

1930年代にまで遡るサウンドに放蕩感の滲みでる歌を語るように奏でる。“folk. jazz. blues and poetry”
2012年8月よりGreat3に正式メンバーとして加入。2013年1月jan&naomiを結成。
月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。