Schedule

2015.1.23.金.

ほら、冬の大三角。



【出演】
杉瀬陽子) HP
赤い靴) HP
オープニングアクト:Canvas(カンバス)) HP

op 18:30 st 19:00 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500

) インターネット予約 〔 12月14日0:00~1月21日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 12月14日~ 〕

–杉瀬陽子–
奈良県出身 大阪府在住 10月21日生
柔らかくも力強い、どこかノスタルジーを感じる歌声は、時に『祈りのようである』と言い表される。一声を出した瞬間に、その場の空気を自分の世界に一変させるライブは必見。
主に弾き語り、時にバンド形態で、関西を中心に全国で演奏活動中。
2011年6月にHappiness Recordsより待望のファーストアルバム『音画』を全国リリース。
2012年、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のアルバム『桜富士山』(2012年7月発売)に、「桜富士山」「SWEET MEMORIES」にゲストボーカルで参加。
同年7月、フジロックフェスティバス2012に、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のゲストボーカルで出演。
2013年9月に、Happiness Recordsより、約2年振りのニューアルバム「遠雷」を全国リリースし、全国23ヶ所をめぐるリリースツアーを敢行。
又、最近では、URBAN RESEARCH DOORS「LIFE STYLE TAILOR」2014年春夏コレクションのWeb CM楽曲制作やグリコ「メッセージポッキー」のTVCM楽曲制作、歌唱、ナレーションを担当するなど活動の幅を広げている。

–赤い靴–
◆東川亜希子(ひがしかわあきこ)◆
vo&piano
4歳からピアノを習い始める。
10歳からバイオリン、中学でロックに目覚めエレキギターを始める。
音楽専門学校で音楽ビジネスを学び、在学中に作曲を始め、歌い始める。
その後、東川亜希子名義で「ナミナミ」「スローライフ」「耳にフワァー」の3枚のアルバムをリリースし、CM音楽作家としても活動。
2009年、東川が1人ピアノ弾き語りしていたイベントで、同じく出演していた神谷洵平に「是非ドラム叩きたいです」と声をかけられる。
音楽の趣味、感覚、音を聞いて即サポートドラムに採用する。
東川初の作曲提供曲、カコイミク「イン・ザ・ダーク イン・ザ・ライト」(大橋トリオプロデュース)のアレンジを神谷洵平と行ったのをきっかけに赤い靴を結成。
大橋トリオコンサートツアー2012「RとL」にてコーラス、アコーディオン、パーカッション等で参加。
東川亜希子) HP
◆神谷洵平(かみやじゅんぺい)◆
1983年1/30 生まれ
身長158cm
体重51kg
プロドラマーであった父の影響で、幼稚園からピアノ、中学時代からギター、バンドを始めるに至りドラムを始める。高校時代から吹奏楽のパーカッションに所属し、さまざまな楽器に触れる。
当時から好きであった事は、RolandのMTRに1人多重録音する事。こだわっていた事は良い音色で楽器を鳴らす事。楽器の響き方、その空間。
好きな音楽は、さまざまである。
オールドロック、ブラックミュージック、ジャズ、70Sフォーク、AOR、エレクトロニカ、etc。
特に2000年代以降、エレクトロニカやジャズ、プロデューサーのJon Brionには1ドラマーとして、ミュージシャンとしては相当影響を受けた。
1998年~2000年代以降の音楽形態の中で、独自に自分の好きな音楽、Good Musicを作りながら、またそこで調和してゆくドラマーとして活動中。

–Canvas(カンバス)–
2009年春頃に結成。福岡出身の小川タカシ(Vo,Gt,songwriting)と菱川浩太郎(Ba,Cho)の二人からなるポップスグループ。
2013年10月にMIDI Creativeより1stアルバム「流星のベクトル」をリリース。その1ヶ月後にはFenderRhodesにイノヒデフミ氏を迎え7インチシングル「MySweetLoveSong」を連続リリース。2014年より拠点を東京に移し、鋭意活動中。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。