Schedule

2015.5.4.月.

夜) パラシュートセッション祭 4日目 夜「ハリネコ × 水中図鑑」


【出演】

ハリネコ

Vo.key 沙知 / Gt 森川雄介(sajjanu) /
B 右田真(nenem,soothe,あなた、どうして) / Ds とがしひろき(サンガツ)

水中図鑑

加瀬透、片岡徹弥、河辺志音、鈴木麻祐子、中村文子という
桑沢デザイン研究所のクラスメイトで2011年末に結成。

2012年に最初のデモ作品集をインターネットで発表し、
翌年には uri gagarn の “my favorite skin”tour に参加。
2013 年に、柴田聡子や uri gagarn などを手掛けた君島結をミックス・エンジニアに迎え
1st ミニ・アルバム『ふれるところ、ささるとげ』を Rallye Label よりリリース。
同年フジロック・フェスティバルの ROOKIE A GO-GO に、Homecomings、森は生きている、
ミツメなどと共に出演し話題となり、その後もTam Tam、撃鉄、快速東京、どついたるねん、カタコト、
MU-STAR GROUPらとステージを共するなど、 東京インディ・シーンの中で着実にその名を広めつつある。
2014年にには、曽我部恵一、LOSTAGE、SuiseiNoboAz などの作品を手がけている
池内亮氏をエンジニアに迎えたシングル『波』をリリース。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パラシュートセッション」=「1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」!!!

2013年9月にF.I.B JOURNALの山崎円城&月見ル君想フのタカハシコーキによる試行錯誤の中から生まれた当企画、これまで15回以上の名演を生み出し、月見ルの名物企画となっていた「パラシュートセッション」が、今回GWスペシャルとしてなんと8日連続、昼・夜合わせて計26組、怒涛の全13公演で 開催が決定!!!

パラシュートセッションとは、、、

会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、
本物のパラシュートが張り巡らされ、ステージではなく普段は客席になっている
「フロア」に2バンドが向かい合わせにセッティングします。

オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来、
演奏者の生音や息遣いまで聴こえるなかで、
両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く
「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイルです。

さらに・・・

今回は、昨年末にオープンした台北の姉妹店「台北月見ル君想フ」にて、
全公演生放送が決定、現地会場限定での放映を致します。

op 19:00 st 20:00 ・ 前 2,500 当 3,000 +1D 500

e+ 予約サイト (4/8〜)
) インターネット予約 〔 4月8日12:00~5月2日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 4月8日~ 〕
※整理番号順入場 (e+ → 店頭予約の順で入場となります)

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。