Schedule

2016.4.21.木.

From ekamai to tokyo live 2016 〜Stamp & Na polycat tokyo tour〜


op 18:30 st 19:00 ・ 前 2,500  当 3,000 +1D 500

※若干枚数追加予約受付いたします
THANK YOU SOLD OUT!!!

LIVE:
STAMP(Thailand)
Na polycat (Thailand)
P.O.P (JAPAN)
戸渡陽太(JAPAN)
DJ : ヴィーナス・カワムラユキ(OIRAN MUSIC)

)

<STAMP profile>

スタンプ(アピワット・ウアターウォーンスック) バンコクを拠点に活動するシンガーソングライター スタンプがタイの音楽業界に足を踏み入れたのは2005年のことである。バンド7thSCENEのボーカル兼ギタリストとして表舞台に立つ一方、ソングライターとしてタイの有名歌手に曲を提供し、数多くのヒット曲を生みだした。その後、7thSCENEは活動を休止するが、スタンプは表舞台での経験、そしてソングライターとしての経験を活かして、2008年12月にアルバム『Million Ways to Write Part 1』でソロデビューを果たす。 ソロアルバムの発表によって、シンガーソングライターとしてのスタンプの名前は少しずつ知られるようになる。特に、ソロアルバムから2曲目にシングルカットされた「クワームキット」は、映画『A Moment in June』の主題歌にも使われ、大ヒットした。「クワームキット」という曲名は2009年にタイのGoogleでもっとも多く検索された曲名ともなった。 スタンプの作る曲は、アコースティックギターを中心としたポップロックで、現代音楽のメロディーにタイの伝統音楽の曲調を混ぜ込み、それをファンクからヒップホップにいたるさまざまなリズムに乗せたものである。また、その歌詞は、若者の恋愛をはじめ、うつむいてスマートフォンばかりいじっている人々や、一日中オンラインでメッセージのやりとりをしているのに、実際に相手を目の前にすると話せなくなってしまうという新時代の人間の深層心理など、さまざまな内容をストレートに表現したものとなっている

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。