Schedule

2016.11.9.水.

月見ル12周年記念公演 OKDAL来日公演「月灯リ雨照ラス」

出演:OKDAL(屋上月光) [韓国] / おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
料金:前売 4,000円 / 当日 4,500円 (入場時ドリンク代別途)
※整理番号順入場

時間:Open 18:30 / Start 19:30
会場:月見ル君想フ(港区南青山4-9-1シンプル青山ビルB1F)
予約:e+ (9/16 12:00〜)

店頭予約

) インターネット予約 〔 10月23日0:00~11月7日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 10月23日~ 〕
公演に関するお問い合わせ 03-5474-8115 (月見ル君想フ)

OKDAL   http://www.super-kiwi.com/

20代から30代後半の女性に、圧倒的な人気を誇る弘大を代表する女性2人弾き語りシンガーソングライター女性DUO、「オクサンタルピ」略して”OKDAL(オクダル)”。メンバーは共に1984年生まれの同級生 キム・ユンジュ、パク・セジン。キム・ユンジュはギター、ピアノをパク・セジンはピアノ、木琴、ピアニカを担当。編成を変えながら2人が共に楽器を奏で、歌う。そんなスタイルから織りなされる音楽は、多彩で繊細な魅力を持つ。同じ時代を生きる同世代のリスナーの共感を呼ぶ歌詞もOKDAL人気の要因だ。

デビューは2010年。同年、MBCドラマ「パスタ」の挿入歌「オクサンタルピ(屋上の月明かり)」をきっかけに、韓国音楽界にその名を知らしめた。

2011年ファーストアルバム「28」をリリース。発売後即品切れになったというエピソードを持つ話題作となった。同年行った初のワンマンライブは3日連続公演。ユ・ヒヨルも登場し話題となる。その後、オリジナル作品と共にOSTへも参加。も参加作品は、ドラマ「マイ・プリンセス」ドラマ「ロマンスが必要2」映画「拝啓、愛しています」他。またVIXXの「Girls,Why?」にもゲストボーカルで参加している。
2015年5月。2年ぶりのオリジナルCD作品となるシングル「不思議な時代」をリリース。

時代を捕らえ、今の時代に生きる者の心の声を表すような歌詞の世界は、OKDALのこれまでの作風の延長上にあり、その社会を見る視線はさらに鋭さを増している。言葉が心に深く突き刺さるような作品だ。またその世界を絵画のように見せるサウンドの構成力はOKDALサウンドの真骨頂とも言える。この作品は曲間にナレーションが収録されており、ドラマ「善徳女王」などで知られる俳優ユ・スンホ、そして俳優チョン・ウンチェも参加している。単なる応援ソングではなく、聴く者の心に寄り添うように歌うOKDALは、今の時代に共鳴する音楽の創造者だ。

また音源だけでなく、ライブパフォーマンスにも定評があり自身の公演だけでなく、韓国を代表する音楽フェスの常連アーティストともなっている。サポートメンバーを従えて編成されることが多く、バイオリン、チェロなどのストリングスを加えたアレンジなど、アコースティックサウンドを追求するOKDALらしいサウンドも披露する。そんなライブをさらに盛り上げるのは2人のMC。コメディアン顔負けの爆笑トークを期待するファンも多い。OKDALのトーク力はラジオにも生かされ、レギュラー番組をいくつも担当する人気DJでもある。レギュ ラー番組をいくつも担当する人気DJ でもある。 2015 年は 2 年ぶりの リリースとなる『奇妙な時代』をリリース。また OKDAL が日 頃大切にし、歌い続けている曲をカバーし、 2 ヶ月に 1 回リリースするプロジェクト「 RE:TAG」を立ち上げる。第 1 弾『かけっこ』ではユン・サンと 故シン・ヘチョ ルの1996 年プロジェクトアルバム『NO DANCE』に収録された曲をカバー。11 月 に配信 した。年末は、ソウルの世宗文化会館M シアターで3days 公演を行った。 2015 年夏、日本の事務所 (KJ-MUSIC)に所属。 2016 年2月14 日、青山 月見ル君想フで来日公演を行う。(e+特設サイトで発売中) 日本公式サイト:www.super-kiwi.com 月見ル君想フ
心に共鳴する音楽=OKDAL。2015年。ついに日本で本格的に活動を始める。

おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)

おおはた雄一(Vo.G)、坂本美雨(Vo

音楽活動に加え、舞台出演、TOKYO FM系全国ネット番組「ディアフレンズ」のパーソナリティや、執筆など、創作の幅を拡げている、坂本美雨。

フォークミュージックをルーツとするシンガー/ソングライターで、

自身のアルバム制作に加え、映画音楽、楽曲提供など多彩に活動する、おおはた雄一。

二人が共演を重ねるうちに、自然とユニットのように息が合い、

2006年頃、それぞれ名前の文字からとって「おお雨」と命名。

FUJIROCK FESTIVALSUMMER SONICなど、各地でのライヴを中心に活動中。

そして「おお雨」という名前で出演する野外フェスはことごとく晴れる!という都市伝説も流れている。

おお雨facebook https://www.facebook.com/ooame

おおはた雄一オフィシャルサイト:http://www.yuichiohata.com

坂本美雨オフィシャルサイト:http://www.miuskmt.com

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。