2021.05.04 |【観覧+配信】2PIANO4HANDS「Wataru Sato/Gecko×持山翔子」



5/3〜6で実施予定のイベント「2PIANO4HANDS」を全公演予定通り開催することが決定いたしました。


緊急事態宣言中の公演開催ということで、これまで以上に緊張感を持って、基本的な感染対策を徹底して運営を行ってまいります。

くれぐれもご無理をせず、来れそうな場合のみ会場まで足をお運びください。


尚、万一すでに購入済でキャンセルをご希望の場合は

Peatixお問い合わせフォームもしくは会場までお問い合わせください。


出演|Wataru Sato/Gecko×持山翔子

日時 2021.05.04(火) 開場 / 18:00 開演・配信開始 / 18:30

TICKET ■会場チケット

前売り ¥ 3,000 | 当日¥3,500 +1D ¥600 予約URL https://2105043.peatix.com


※整理番号順入場

チケット申し込みの際に発行される番号順の入場です。

開場時刻の【15分前】以降に会場前までお越し下さい。それより前の時間帯は会場前でお待ち頂けませんのであらかじめご了承ください。



■配信チケット ¥1,500 URL https://www.moonromantic.com/2105043 (クレジットカード決済/PayPal/alipay/コンビニでお支払い頂けます)

また投げ銭もご用意ありますので、ぜひサポートよろしくお願いいたします。

【ご来場チケット販売について】 ご来場チケットは人数制限がございます。規定枚数に達し次第終了となりますので、お早めのご購入をおすすめいたします。 一度お支払いいただいたチケット及び投げ銭は、中止などの場合を除き、お客様都合による払い戻しは致しません。


【ご来場の際の注意点】 ご来場の際の注意点をお読みいただいた上、アンケートフォームに必ずお答えください。 新型コロナウィルス感染拡大防止ご来場の際の注意点

http://www.moonromantic.com/?p=44300 ご来場者様用アンケートフォーム

https://forms.gle/yXhmcvdnNBpeNFY59 公演に関するお問い合わせ : 03-5474-8115

【配信チケット販売について】

一度お支払いいただいたチケット及び投げ銭は、中止などの場合を除き、お客様都合による払い戻しは致しません。詳しくはご利用規約をご確認ください。 https://www.moonromantic-channel.com/memberrules

一度購入後、アーカイブ期間中はいつでも見返すことができます。 かならず会員登録の上、ログインしてお買い求めください。

また各日MOONカード(投げ銭)もご用意あります。チケット代と同様にアーティストと会場に均等に分けられます。ぜひサポートよろしくお願いいたします。

※視聴には会員登録が必要となります。 ※アーカイブ期間は3日間となります。その間は何度でも見ることができます。




Wataru Sato / Gecko

1990年生まれ。神奈川県在住のピアニスト・作曲家。 本名:佐藤 航

2010年よりソロプロジェクト<Gecko>として活動を開始し、当初はピアノを基調としたエレクトロニカ・ポストクラシカル作品を生み出していた。

現在はメランコリックな世界観のピアノソロ楽曲を生み出し、ミニマル・ポストクラシカルの新鋭として活動。

2018年7月に2ndピアノソロアルバム「Innocence」を全国リリース、同年9月にはピアノ・ヴァイオリン・チェロから成るトリオ編成の活動も開始。

また、Ólafur ArnaldsやNils Frahmなどを輩出するポスト・クラシカルの名門レーベルErased Tapes からリリースしている“世界最速”とも呼ばれるピアニストLubomyr Melnykに師事し、その独特の奏法を吸収し作品に取り入れている。

彼がリーダーを務めるバンド編成<Gecko&Tokage Parade>では、自主レーベル“Tokage Records”でリリースした2ndフルアルバム「Nomadic Flow」がタワーレコード・ジャズチャート初登場4位を記録しジャズ・フュージョン界の新星として一躍注目を集める。2019 年12月にPlaywrightへ移籍。

Motion Blue yokohama等での単独公演を成功させている。

またサポートとして、ex.the cabs 高橋國光のソロプロジェクト<österreich>や ex.ハイスイノナサ<鎌野愛>のライブ・レコーディングにも参加しており、2020年からはゲスの極み乙女。、

indigo la end等のコーラスで活躍する<佐々木みお>とのユニット<paw>を始動。

複数の名義を使い分け、Ambient/Electronica、POPSからJAZZまで多岐にわたる音楽作品を発表し、また、演奏家としても活躍するオリジナリティ溢れる活動を展開している。



持山翔子

静岡県磐田市出身

ヤマハ音楽教室にて4歳からピアノ、6歳からエレクトーン・作曲を始める。

作編曲家として数多くのアーティストの楽曲や映像音楽などの制作に携わる傍ら、ピアニスト・キーボーディストとして、幅広いプレイスタイルで様々なライブやレコーディング、テレビ収録に参加。

ベーシスト小山尚希とのインストユニット『m.s.t.』では"景色に音を"をコンセプトに様々な編成で活動し、これまでに7枚のアルバムをリリース。

神保彰氏(ds)やNAOTO氏(vn)をゲストに迎えてのスペシャルライブを始め、野呂一生(gt)率いるCASIOPEA 3rd、井上銘(gt)率いるSTEREO CHAMPとのジョイントライブなどを行い好評を得る。

2019年より、シンガーソングライター竹澤汀とm.s.t.によるプロジェクト『Cinématographe』が本格始動。映画や物語にインスピレーションを得た楽曲を制作。 聴く人をノスタルジックでリリカルな「ここではないどこか」へと誘う。