top of page

2023.08.06 |【観覧】LA SEÑAS with 小川慶太



出演|LA SEÑAS / 小川慶太


日時 2023.08.06(日) 開場 / 18:30 開演/ 19:15

 

TICKET ■観覧チケット

前売 ¥4,000 | 当日 ¥4,500 +1D ¥700 or 2D¥1,000

学生前売チケット¥2,500(先着20名のみ) +1D ¥700 or 2D¥1,000


チケット販売URL

SOLD OUT!!!

(6/8 20時販売開始)



※来場順入場

開場時刻の【15分前】以降に会場前までお越し下さい。それより前の時間帯は会場前でお待ち頂けませんのであらかじめご了承ください。


公演に関するお問い合わせ : 03-5474-8115

 

【小川慶太】 Drummer/Percussionist


http://keitaogawa.com


82年生まれ長崎県佐世保市出身。 15歳のときにドラムをはじめる。 高校卒業後神戸にある甲陽音楽学院で2年間学ぶ。その後東京で2年活動した後2005年渡米。その年の秋にバークリー音楽学院に専攻をドラムセットからハンドパーカッションに変えて入学。バークリでは、ジェイミー・ハダッド、エギー・カストリオロ、ティト・デ・グラシア、デビッド・ロサード、マーク・ウォーカーなどに師事する。 そして2007年ブラジルのリオデジャネイロで3ヶ月、ブラジル音楽シーンにおいて重要なジョルジーニョ・ド・パンデーロ、セルシーニョ・シルバ、キコ・フレイタス、マルシオ・バイーアなどに師事する。


渡米後、ヨーヨーマをはじめ、アサド兄弟、セシル•マクロリン•サルヴァント、レ•ヌビアンズ•、マリア・シュナイダージャズオーケストラ、スナーキーパピー、チャーリーハンター、バンダマグダ、ボカンテ、ボストン・シンフォニーオーケストラ、日本では、MISIA, 原田知世、佐藤竹善, J-Squad (報道ステーションテーマソング担当)などジャンルを超えて現在の音楽シーンを代表する世界のトップアーティストたちと共演し続けている。


現在ニューヨークを拠点に、アメリカ国内、カナダ、ヨーロッパ、アジアなどで世界各国で活躍中。


これまでに3度のグラミー賞受賞、4度のグラミー賞にノミネートされている。


佐世保市の観光名誉大使でもある。 2021年、長崎県民賞受賞。


“慶太は、ほぼすべての打楽器の類を、圧倒的な音楽性で、難なく演奏する。 彼はまだ若いが、次代を担う世界レベルのミュージシャンの一人だ。 彼の笑顔や大らかな人間性に秘められた情熱は、音楽のジャンルを超え、 あらゆる異文化を繋いでいく。彼の才能は尊く、類まれなものだ。” by Jamey Haddad (Paul Simon)



【LA SEÑAS】(ラセーニャス)


2016年結成、若手打楽器奏者による”即興演奏”打楽器集団。 アルゼンチン発祥のハンドサインを用いた即興演奏法“Rhythm with Signs”を取り入れた日本初のグループであり、在籍人数は30名を超える。

メンバーそれぞれが個別のパーカッショニストとしての活動も行っており、メジャーアーティストの現場で活躍するメンバーも多数在籍。


LA SEÑASを特徴づける“Rhythm with Signs“とは、指揮者が示す150種類以上のハンドサインから演奏者がその場の即興でリズムを構築する演奏方法。


世界のあらゆる打楽器を幾つも駆使し、指揮者がハンドサインでまとめあげ、会場やオーディエンスの空気を察知。 その場で会場を巻き込みながら熱狂のアンサンブルを展開し、ライブをクリエイトしていく。


打楽器のみ、リズムのみ、というシンプルさが老若男女を問わず受け入れやすく、リスナーを選ばない一方、日本ではまだ認知の浅い、アルゼンチン発祥の斬新な演奏法は実験的要素があり、コアな音楽ファンをも唸らせる。

2021年にはグループとして初めて音源作品「La」、その数ヶ月後には2nd EP「Señas」をリリース。



主な演奏履歴

・ワンマンライブ (主な会場:clubasia/SHIBUYA DIVE/TOKIO TOKYO/SHIBUYA WWW等)

・自主開催野外フェス「FREE RAVE」

・The Orchard Japan presents「 混線大陸 」日食なつこ× LASEÑAS 2マンライブ

・太鼓芸能集団「鼓童」主催“アースセレブレーション2022“


主なメディア出演歴

・PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE 30周年ブランドムービーREC参加、イベント出演

・打首獄門同好会「地味な生活-SAMBA MAX EDITION-」MV出演

・日本テレビ系ドラマ「ゼロ~一攫千金ゲーム」劇伴参加

・レッドブルスタジオ music share

・Tokyo FM 鷹の爪団世界征服ラヂオ

・ALI 1st Album『MUSIC WORLD』REC参加


主な共演歴(敬称略)

・打首獄門同好会

・日食なつこ

・鼓童

・小西遼(CRCK/LCKS,象眠舎)

・都丸智栄(ザッハトルテ)

・斉藤ネコ Vn

・仙波清彦 Percussion

・ファンテイル Guitar(渋さ知らズ)

・Saigenji Vo&Guitar

・スロジャトロイTabla※インドから来日した新進気鋭のタブラ奏者

・スワーミナータン

・セルヴァガネーシュKanjira※南インドを代表する若手打楽器奏者


bottom of page