Schedule

2014.3.13.木.

sub-tle. 「TOKYO ⇔ BERLIN “Die Brücke”」 supported by onpa)))))

出演:sub-tle. / Open Reel Ensemble / no.9 orchestra( Liquid note record ) / Junichi Akagawa (DJ)

料金:adv. 3000yen / door. 3500yen +1d(500yen)

日程:2014年3月13日(木)

時間:OPEN 18:30 / START 19:00


) インターネット予約 〔 2月13日0:00~3月11日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 2月13日~ 〕

////////////////////////////////////////


sub-tle.

ドイツ発のクラウト・ロックの代名詞であるクラフトワーク、NEU!、la! düsseldorf で知られるKlaus Dingerの右腕の一人として活動し、欧州で舞台・映画音楽、日本ではPolaris大谷友介や持田香織の作品も手掛ける等多彩な活動で知られるベルリ ン在住のサウンドアーティスト、オカモトサトシによるプロジェクト「sub-tle.」。

昨年、Klaus Dingerの遺作となった japandorf をロンドンのGRÖNLANDからリリース後、

ベルリンのレーベルonpa))))) より、Mouse on MarsのAndi Tomaのプロデュースで、Andi Tomaや二階堂和美、kyoka(raster-noton)等が楽曲に参加した新作『leam』を引提げ、来日公演が決定。

今回は、Tangerine Dream、ジェーン・バーキンのヴァイオリニストとしても知られる山根星子、音楽舞踊演劇集団「未國」やDEGGI DAAJ INTERNATIONALのドラマーである土方雅哉の3人編成によるライブが予定されている。

////////////////////////////////////////


no.9 orchestra( Liquid note record )

「音と共に暮らす」をテーマに日々の暮らしに寄り添う豊かでメロディアスな楽曲を生み出す作曲家・城隆之のソロプロジェクト [ no.9 ]。
2013年7月に約4年ぶりとなる最新作『The History of the Day』を発表。
彼が率いるライブバンドセット[ no.9 orchestra ]は、no.9のアルバム作品にギターやドラム、ヴァイオリンやピアノといったフィジカルな音楽性が加味され、フルオーケストラを想起させる壮大なライブパフォーマンスを披露。現在のメンバーになってからはさらにその情熱的なライブは進化し、昨年の代官山UNITでのワンマンライブを筆頭に、金沢21世紀美術館シアター21でのワンマンや、恵比寿Liquid RoomでのEMAF TOKYO2013など様々な大舞台で喝采を浴びている。
2014年春には no.9 orchestra 初となるフルアルバムをリリース予定。現在鋭意レコーディング中。
http://www.nano-graph.com/no9/

////////////////////////////////////////


Open Reel Ensemble

2009年より、和田永を中心に佐藤公俊、難波卓己、吉田悠、吉田匡が集まり活動開始。
旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のコンピュータとドッキングさせ、「楽器」として演奏するプロジェクト。リールの回転や動作を手やコンピュータで操作し、その場でテープに録音した音を用いながらアンサンブルで音楽を奏でる。
その不思議な音色と楽曲性は高く評価され、Sonar Tokyo、Sense of Wonder、KAIKOO、BOYCOTT RHYTHM MACHINE、HARAJUKU PERFORMANCE + 、FREE DOMMUNEなどに出演。海外ではSONAR 2011 Barcelona、ARS ELECTRONICA他、オランダ、ノルウェー、スロベニア、香港で公演を行う。
2013年3月に書籍&DVD「回典~En-Cyclepedia~」を発売。松岡正剛、大友良英、菊地成孔、宇川直宏、zAk、高木正勝など錚々たるメンバーとの対談などを収録。7月には3度にわたり担当したISSEY MIYAKEのパリコレションの楽曲を一枚にまとめたCDが発売になりファッションとメディアアートと音楽の双方からいま最も注目を集める存在である。
HP:http://www.steamblue.net/
Facebook:https://www.facebook.com/OpenReelEnsembleBraunTubeJazzBand


Junichi Akagawa (DJ)

音と映像を扱うアーティスト。
2010年から2013年までベルリンに拠点を置き、ヨーロッパのオーディオビジュアルシーンにて積極的に活動、シアターや美術館、多くの音楽フェスティバルで作品を発表する。
近年はコンピュータによって生成される純粋なデジタルデータと自然の複雑さの混在に注目し、コンテンポラリーダンサー多田汐里とともに制作したダンス作品『Figure』は2014年の横浜ダンスコレクションEXにてテルアビブ・ヤッフォ・横浜文化賞を受賞。
音楽家としてPROGRESSIVE FOrMのコンピレーションアルバム“Forma 3.10″へ参加、Hz-Recordsより2枚のEPをリリース。
聴覚と視覚を完全にリンクさせることによって、ただ聞いたり見るものではなく、体感する作品を制作している。
http://junichiakagawa.net
月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。