Schedule

2018.10.24.水.

海青 Hai Qing (中国) BIG ROMANTIC TOUR



Big Romantic Entertainment presents
海青Hai Qing BIG ROMANTIC TOUR 開催決定!!
出会いは今年4月、北京にて開催されたShowcaseイベントにて彼らのライブを初めて見て一目惚れ。
そのアイデア満載の楽曲とアレンジ、プレイヤーの旨さ、バランスの良さ。
どれをとっても秀逸でした。
今回は満を持して、初来日公演が決定。
是非皆様お楽しみにお越しくださいませ!

出演 : 海青Hai Qing(中国) / 余命百年 / LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS

Open 18:30 Start 19:00 ・ 前売 2,500 当日 3,000 +1D 600
※先着順入場
但し18:00(開場30分前)より整列開始致します。
それより前にご来場頂いてもお待ちいただけませんのであらかじめご了承ください。

) インターネット予約 〔 9月15日0:00~10月22日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 9月15日~ 〕


Hai Qing (中国)

上海・北京を拠点とするモンゴル出身の Hai Qing 率いるソロプロジェクトバンド。サイケデリックロッ ク、JAZZ、プログレッシブロック、そしてモンゴルの伝統的音楽が混ざり合い、今まで聞いたこともない、叙情的音楽を生み出した。様々なアイデアが詰まった楽曲と、それを体現できる確かな演 奏技術に支えられ、パフォームされるライブは必見の価値がある。
Hai Qing は元々は純粋なモンゴルの民族音楽を演奏するフォークミュージシャンとして活動をして いた。しかしサイケデリックロックへの愛を捨てきれなかった彼は、自分の中で2つの影響を融合す ることに成功。そうして完成した1 st アルバムの Flesh は中国の2017年ベストアルバムにノミネート 候補になる程の完成度の高いものになった。

海青は、中国蒙古(モンゴル)族のオリジナル歌手。1979年生まれ。幼いころから草原でクラッシックギターに親しみ、1997年に内蒙古自治区都の呼和浩特(フフホト)へ出て、プログレッシブ・ロックと初めて出会うことになる。

海青は長年、多くの様々なバンドでメインパートを担当し、2015年にはオリジナル作品の創作を開始。2017年のはじめ、最初のアルバム「肉蛋蛋」をインターネット上に発表したところ、レーベル「大福唱片」の目に留まり、正式にCDアルバムとしてリリース。2017年の中国で最も好評を博したロックアルバムの1つとなった。

海青の音楽には彼自身の音楽活動の初期に影響を受けた、40数年前のキング・クリムゾンを彷彿とさせるような、強力で、かつ複雑な楽器演奏が織り込まれている。また、中国竹笛、中国笙、ディジュリドゥなどの楽器による柔軟でのびやかな技巧の演奏でも、伝統的東洋旋律のなかに現代音楽的な色彩を織り交ぜている。

特筆すべきは、海青は他の多くのモンゴル族ロックミュージシャンのように、少数民族という属性を前面に押し出していない点だ。「肉蛋蛋」のなかには、少なからず五声音階を源流としたメロディがあり、モンゴル三弦を参考にしたギターのチューニング、それに歌詞にも素朴な草原の知恵に関する要素が盛り込まれているが、それぞれ楽曲の一部分を構成しているに過ぎず、全体的なテーマとは位置付けられていない。

「肉蛋蛋」には、中国の新たな世代のロック・サックス奏者が集結している。2018年10月の日本公演では、この大バンドの魅力を凝縮させた5人、海青(メインボーカル/ギター)、李星(ギター)、鄧博宇(ドラム)、老丹(中国笛、テナーサックス及びそのほか管楽器)、杜平(ベース)が出演。李星、鄧博宇、老丹は即興演奏で有名であり、彼らのカルテットグループは、近年の中国前衛音楽フェスティバルの常連になっている。

また、10月の日本公演は、日本におけるクラウト・ロックの先駆者、ダモ鈴木による中国ツアーをサポートすべき、序曲という意味もある。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。