2021.11.03 |【観覧+配信】月見ル17周年記念公演 Salyu Psychedelic Rock GIG -Chelsea Girl-(※開場開演時間変更しました。


※開場開演時間変更しました。(10/27更新)


月見ル君想フ オープン17周年記念しSalyuの特別編成でのワンマンライブが決定!今回のワンマンライブに合わせ、音楽プロデューサーとして数多くのアーティストを手掛け、キーボード奏者やアレンジ、プロデューサーとして多彩な活躍をしている細海魚(pf)/Lily Chou-Chou、YEN TOWN BANDのメンバーであり、予てよりSalyuのサポートを務めてきた名越由貴夫(Gt)を迎え、アンビエントやサイケデリックをテーマにした普段とは一味違うコンセプチュアルなステージを披露します。

また今回の公演に合わせ楽曲のアレンジも一新し、セットリストにはファンから隠れた名曲との呼び声の高いマニアックな楽曲を数多く披露する予定。

貴重な機会をお見逃しなく。


フライヤーデザインは鶴泰輔


出演|Salyu・細海魚(pf)・名越由貴夫(Gt)

日時

変更前

開場 / 17:30 開演・配信開始 / 18:00

変更後

開場 / 18:30 開演・配信開始 / 19:00

当公演は21時頃終演を予定しています。


東京都の営業時間短縮要請解除に伴い、開演開場時間を変更することとなりました。

ご来場のお客様には大変ご面倒おかけしますが、ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

(10/27更新)

 

TICKET ■会場チケット THANK YOU !! SOLDOUT!! (当日券の販売はありません)

(全席自由)前売り ¥ 5500 ( 60名限定) | 当日¥6000 +1D ¥600

※保護者1名につき1名まで未就学児入場無料


先行予約受付期間:10月3日(日)12:00~10月7日(木)23:59

一般発売:10月16日(土)10:00~ チケット販売URL

https://eplus.jp/sf/detail/3495390001-P0030001


※整理番号順入場

チケット申し込みの際に発行される番号順の入場です。

開場時刻の【15分前】以降に会場前までお越し下さい。それより前の時間帯は会場前でお待ち頂けませんのであらかじめご了承ください。



■配信チケット ¥2000 URL https://eplus.jp/sf/detail/3497600001-P0030001( 10/3 10:00より販売開始)


ライブ配信中に会場回線のトラブルにより映像の乱れがあったため、アーカイブ映像の差し替え、視聴期間の延長をしました。(11/4 15:00更新)

アーカイブ  ~11/5 23:59終了 (クレジットカード決済/PayPal/alipay/コンビニでお支払い頂けます)

また投げ銭もご用意ありますので、ぜひサポートよろしくお願いいたします。

投げ銭付きチケットの内容は一般の配信チケットと変わりません。

 

【ご来場チケット販売について】 ご来場チケットは人数制限がございます。規定枚数に達し次第終了となりますので、お早めのご購入をおすすめいたします。 一度お支払いいただいたチケット及び投げ銭は、中止などの場合を除き、お客様都合による払い戻しは致しません。


【ご来場の際の注意点】 ご来場の際の注意点をお読みいただいた上、アンケートフォームに必ずお答えください。 新型コロナウィルス感染拡大防止ご来場の際の注意点

https://www.moonromantic.com/post/notice ご来場者様用アンケートフォーム

https://forms.gle/yXhmcvdnNBpeNFY59 公演に関するお問い合わせ : 03-5474-8115

 

【配信チケット販売について】

一度お支払いいただいたチケット及び投げ銭は、中止などの場合を除き、お客様都合による払い戻しは致しません。詳しくはe+ご利用規約をご確認ください。

一度購入後、アーカイブ期間中はいつでも見返すことができます。 かならず会員登録の上、ログインしてお買い求めください。

※視聴には会員登録が必要となります。 ※アーカイブ期間は11/4 23:59までとなります。その間は何度でも見ることができます。





Salyu

1980年10月13日横浜市生まれ。2000年、音楽家・小林武史のプロデュースによりデビュー。映画「リリイ・シュシュのすべて」(岩井俊二監督)の音楽プロジェクトにLily Chou-Chouとして参加。

2003年、Yuka Honda、Sean Lennonと共に「SHADY」ほかを制作。

2004年、Ilmari×Salyuとしてシングル「VALON」を発表後、Salyu名義でソロデビュー。

2006年、Bank Band with Salyuとして、櫻井和寿(Mr.Children)とのデュエットソング「to U」を発表。

2009年、ベストアルバム「Merkmal」を携え、日本武道館にてワンマン公演「Salyu Tour 2009 Merkmal」を実施。

2011年、声を多重録音する手法を用いた新プロジェクトsalyu × salyuを始動し、アルバム「s(o)un(d)beams」を小山田圭吾(Cornelious)との共同プロデュースにて発表。

2017年より、宮沢賢治の諸作品をベースに、人類学者・中沢新一が脚本を書き下ろした音楽劇「四次元の賢治」に出演。

現在、さまざまな形態、編成、客演など実演家としての活動を中心に、コラボレーションや自身の研究プロジェクトを通してボーカル表現の新しい可能性を追究している。

2020年春、個人の音楽事務所「株式会社 新しいYES」を設立。




細海魚


北海道中標津町生れ。繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisyなどの名義でも活動。豪EXTREMEより繭(Maju)名義で5枚、独Mille Plateauxよりneina名義で2枚のリリースがあり同レーベルのコンピレーションclick + cuts等にも参加。

'13年春、八野英史とのユニットLivingstone Daisy「33 Minutes Before the Light」リリース。同年11月、細海魚名義では初となるソロアルバム「とこしえ」を新居昭乃プロデュースによるピュアハートレーベルより発表。'14年1月、b-flowerに正式加入。'20年、細海魚名義では6年ぶりとなるソロアルバム「LOST」と「MORI AND GINGA」2タイトル同時発表。

有機的な繊細さに満ちたそのサウンドは内外問わずファンも多く、とくに国内のアーティストやミュージシャンからは唯一無二の音楽観によって絶大な信頼を得ており、新居昭乃、照井利幸、ミナクマリ等のプロデュース、おおはた雄一、奈良美智、増田セバスチャン、MIGU、山口一郎、ヤマジカズヒデ、芳垣安洋 等とのコラボレーション、矢野顕子や鳥羽一郎のアレンジ、坂本龍一主宰のKizunaworldへの参加など、キーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとして多彩な活動を続けている。