top of page

2024.02.15 |【観覧】井上杜和自主企画「第三回 夜食の支度」




出演|井上杜和バンド / Gateballers

日時 2024.02.15(木) 開場 / 19:00 開演 / 19:30

 

TICKET

■観覧チケット

前売り ¥3000 | 当日 ¥3500 +1D ¥700 or 2D¥1,000

チケット販売URL


※来場順入場

開場時刻の【15分前】以降に会場前までお越し下さい。それより前の時間帯は会場前でお待ち頂けませんのであらかじめご了承ください。

公演に関するお問い合わせ : 03-5474-8115




井上杜和(いのうえとわ)

1999年生まれ、湘南出身。

奇天烈な日記ポップスを歌うシンガーソングライター。 2021年から東京を中心に弾き語りやバンド編成によるライブ活動を行なっている。

2023年1月に初のEP「日々浪漫」をmimikaki DISKよりリリース。 2023年9月に2nd Single「かににさされた!」をリリース。




Gateballers

濱野夏椰(Gt,Vo)

久富奈良(Dr)

 

2013年5月に東京にて結成。

2014年11月にVo. 濱野夏椰が小山田壮平(AL ,ex.andymori)らと共にレーベル"Sparkling Records"を設立。

2015年7月に久富奈良が加入。

2016年3月にリリースした1stアルバム「Lemon songs」がタワーレコードのプッシュアイテム「タワレコメン」に選出。 アルバムリリースを機に、「FUJI ROCK FESTIVAL'16」や、「ボロフェスタ」など各フェスに出演。

2017年2月、初のワンマンライブを下北沢SHELTERにて開催。5月には「COMIN' KOBE ’17」に出演。

7月にはVo. 濱野夏椰がポカリスウェットとFUJI ROCK FESTIVALのコラボCMにてギターを演奏するなど、活動の幅を広げている。

内村イタルをサポートメンバーに招き、4人編成としての活動を開始。

2018年2ndアルバム『「The all」=「Poem」』をリリース。初のレコ発全国ツアーを開催し東京公演として渋谷O-nestにてワンマンライブを実施。12月にはバンド史上三度目となるワンマンを新代田FEVERにて開催し、同日4曲の歌と3曲のインストゥルメンタルを収録したEP「Thank You Part-time Punks」を配信限定でリリース。

ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文主催『APPLE VINEGAR -Music Award- 2019』に『「The

all」=「Poem」』がノミネート。 

2019年9月4日に3rd アルバム「Infinity mirror」をリリースし、全国ツアーを開催。

11月に代官山UNITにてレコ発ファイナルを行った。

2020年1月、下北沢ガレージにて1日2ステージのワンマンライブを行い、両ステージチケット完売。

2021年3月、ベース本村の脱退が発表され、同体制での最後のワンマンライブを渋谷WWWで開催。

チケットは即日完売した。

Vo. 濱野夏椰は2020年に交通事故により両腕を骨折したことから胸郭出口症候群を発症。

ギター生命を奪われたかと思われたが、様々な治療とリハビリを経て2022年より活動復帰。

2022年3月、サポートメンバーとしてGt. Riki Hidaka、Ba. 原元由紀(象眠舎、ex.Layne)を迎えた新体制で新代田FEVERにてワンマンライブを開催。再スタートを切る。

2022年10月よりBa. 原元、Gt. 萩本あつし(ex.Layne)をサポートメンバーとした現体制でのライブをスタート。

2023年1月にEP「未来からきた人」をリリース。レコ発関西ツアー、新代田FEVERでのレコ発イベントを開催。

2023年6月にEP「花とゆめ」をリリース。

bottom of page