Schedule

2013.11.4.月.

昼) NOCCO. 1st Single「東京」リリースツアーFINAL ONE-MAN & 100th LIVE 「空っぽ」

NOCCO. ) HP
ゲスト:NakamuraEmi ) HP

op 12:00 st 12:30 ・ 前 2,800 当 3,300 +1D 500

◆月見ル君想フでのご予約◆
) インターネット予約 〔 7月31日0:00~11月2日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 7月31日~ 〕

◆アーティスト・メール予約◆
nocco.mail@gmail.com

(公演日・お名前・お電話番号・枚数をご記入のうえ)

※先着順でのご入場となります。


【バイオグラフィー&11/4ワンマンライブに向けて】
1987年10月11日生まれ。東京出身。歌ったり作ったり食べたりしてます。
物心付いた時から歌うことが好きで、子供の頃からずっと歌う人になりたかった。
だけど中学校に入って、すっかり頭でっかちになっていた私は
「歌手になりたい」なんて大それたことはすっかり言えなくなってしまっていて、その気持ちごと封印。
中学高校はバンドやってる友達のライブに通ったりしながら、
自分も歌いたいなぁとこっそり思いながらも、相変わらず口に出すことも行動することもなく、日々は過ぎ。

高校3年生になって進路を決める頃、やりたいことが何もなくてとても悩んだ。
そんな中、留学したい人のための専門学校があることを知って、
いつかは海外に行ってみたいと漠然と思っていた気持ちが急速に現実味を帯びて来て、留学を決意。

高校卒業後、一年間専門学校で勉強して渡米、アメリカのカレッジに入学。
ニューヨーク州の山奥の小さな町で学生生活を送る。
本当に色んなことがあって、良い経験が出来たと心から思う。

だけど結局、アメリカに行ってもやりたいことがわからなくてとても悩んだ。
そして悩みに悩んだ結果が「歌うこと」だった。やっぱりそれしかなかった。
とにかく音楽をやる、ということだけを決めて、4年間の予定だった留学を2年で終え、帰国。
ほとんど弾けないギターを片手に音楽活動を始める。

あれから早4年。最近はライブの本数も増えて、
自分で企画のライブやUstreamでの配信をやったり、
色んなイベントにも出させてもらったり。

今年の8/11日には恵比寿Baticaで
初めてのワンマンライブをやらせてもらって、お陰さまで満員御礼。
忘れられない一日になりました。

去年作った『東京』という曲は、今という時代に生きる自分自身の葛藤や、
東京という街に暮らす人達への疑問を
本当に素直にストレートに「生きるって何?」って歌った曲なのだけど、
嬉しいことにライブでもネットでもとても沢山の人に良いねと言ってもらって、
この曲がきっかけになって沢山の出会いもあった。

『ハンプティ・ダンプティ』は初期の頃の曲だけど、
この曲も本当に沢山の人が好きだと言ってくれる。
そんなことを思うと少しは進めたのかなーとも思う。

でも。自分の中にずっともやもやした気持ちがあって、何だかなーって、
思ってて、でも見て見ぬフリしてた、ずっと。だけどある人の言葉で気づいた。
活動を続けるうちに知らず知らずに諦めていた部分や慣れてしまっていた部分があった。
全然ダメだ、と思った。

もう一度、今の自分のMAXのMAXでちゃんと音楽と自分に向かい合わないとダメだと思った。
それで、今回の11/4、月見ル君想フでのワンマンライブを決めました。
今の私の活動状況を知っている人なら「厳しい」と思うと思う。
私もそう思う。でも、やると決めました。もう、決めてしまったから後はやるだけです。

そして、このワンマンに向けてもう一つ決めたこと。「100本ライブ」。
このワンマンを発表した7/24の企画ライブを1本目と数えて、
11/4のワンマンが100本目になるように、箱ライブ、路上、Ustream、
全て含めて約100日の間で100本のライブをする。

そんなことを一人で決めました。ちゃんとまっすぐ音楽と自分に向き合いたいということと、
その上で、ちゃんと形として示したい。そういう気持ちです。

長々と読んで頂いてありがとう。
100本の道のりの途中で出会えたみんなみんなと、
11/4、月見ル君想フで会いたいです。

(NOCCO.)

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。