Tsuki Koyomi

2010.5.1.土.

皐月

【月不見月に君想フ】一年でもっとも輝かしい連休のゴールデンウィークから、5月は始まります。五月は「さつき」とも読みますが、「さつき」は「皐月」でもあります。農家さんとコンバインが忙しくなる頃なので、田植えの季節の「早苗月」から「苗」が省かれて「さつき=皐月」となったようです。また今月は「稲苗月」という別称もあるくらいで、田んぼにとっても輝く稲穂のゴールデンウィークといった風情。初日の1日は労働者のための野外フェス「メーデー」、改憲派と護憲派がケンケンガクガクの3日「憲法記念日」、米軍ベースの賛否が問われる15日「沖縄本土復帰記念日」など、草木に負けず人々の意見も活発です。旧暦でいうと二月十七日~三月十七日にあたり、暦の上では夏の気配が匂い立つ5月5日の「立夏」や、草木が満ち満ちてくる5月21日「小満」を迎え、すでに春はほころび、来たるべき夏とカタツムリが入道雲に乗ってやってくるようです。

月浮いて まいまい遊ぶ 野川かな  村上鬼城

川遊びをするこどもたちは鯉のぼりに股がりカブト姿も勇ましく、洗濯をするお母さんたちはカーネーションを胸に、親子の絆も爽やかに五月晴れの空模様です。「月不見月」ともいう皐月の夜には、見えないお月さんでも眺めてキミを想ってみましょう。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。