Schedule

2015.5.4.月.

昼) パラシュートセッション祭 4日目 昼「向井秀徳アコースティック&エレクトリック × 空間現代」


【出演】

向井秀徳アコースティック&エレクトリック
向井秀徳 Mukai Shutoku
1973年生まれ、佐賀県出身。
1995年、NUMBER GIRL結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。
2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。
自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、
国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。
また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。
2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、
第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。
2010年、LEO今井と共にKIMONOSを結成。
2012年、ZAZEN BOYS 5thアルバム『すとーりーず』リリース。
今作品は、ミュージック・マガジン「ベストアルバム2012 ロック(日本)部門」にて1位に選ばれた。
著書に『厚岸のおかず』

空間現代
2006年、現行メンバー3人(Gt野口 Ba古谷野 Dr山田)によって結成。
編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピースパンドの形態で演奏。
これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。
近年では演奏における一つの試みとして、並走する複数のグルーヴ/曲を行き来しながらも、
ライブに流れる時間全体が一つのリズムとして立ち現れてくる様なライブ形態の
構築と実践に取り組んでいる。

東京でのライブを活動の中心としながらも
ECD/飴屋法水/大橋可也&ダンサーズなど
先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えたコラボレーションも積極的に行っている。
現在は京都において 断続的に公演される演劇作品、
劇団「地点」によるブレヒト戯曲作品『ファッツァー』の音楽を担当。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パラシュートセッション」=「1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」!!!

2013年9月にF.I.B JOURNALの山崎円城&月見ル君想フのタカハシコーキによる試行錯誤の中から生まれた当企画、これまで15回以上の名演を生み出し、月見ルの名物企画となっていた「パラシュートセッション」が、今回GWスペシャルとしてなんと8日連続、昼・夜合わせて計26組、怒涛の全13公演で 開催が決定!!!

パラシュートセッションとは、、、

会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、
本物のパラシュートが張り巡らされ、ステージではなく普段は客席になっている
「フロア」に2バンドが向かい合わせにセッティングします。

オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来、
演奏者の生音や息遣いまで聴こえるなかで、
両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く
「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイルです。

さらに・・・

今回は、昨年末にオープンした台北の姉妹店「台北月見ル君想フ」にて、
全公演生放送が決定、現地会場限定での放映を致します。

op 12:30 st 13:00 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500

e+ 予約サイト (4/3〜)
) インターネット予約 〔 4月3日0:00~5月2日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 4月3日~ 〕

※THANK YOU SOLD OUT!!
※当日券のご用意はございません。何卒ご了承下さいませ。

※整理番号順入場 (e+ → 店頭予約の順で入場となります)
開場30分前の12:00~ 整列させていただきます。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。