Schedule

2010.12.2.木.

MOON TULIP



MOON TULIP

[LIVE]

ペトロールズ )HP )You Tube

東京ザヴィヌルバッハ )HP )You Tube )MY SPACE

オオルタイチ )HP )MYSPACE )You Tube


op 18:30 ・ St 19:00 | 前 2800 当 3300+1D 500

) インターネット予約 〔 10月18日0:00~11月30日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 10月18日~

※)予約受付開始日が変更になりました。10/18より受付開始となりましたので、お早めにお問い合わせください。ご迷惑おかけいたしますが宜しくお願いいたします。

『ペトロールズ』<PETROLZ>

長岡亮介、三浦淳悟、そして河村俊秀の3人組。
クルマ好きの長岡が英国でガソリンを意味する
ペトロールという言葉をグループ名に冠して2005年に結成。
独自のペースで活動を続け、その愛好家は着実に増え続けている。
どこにもいない3人組を目指している。
3枚(*1)の作品をリリース。

(*1)
1.「MUSIC FOUND BY HDR-HC3」いつもライヴを記録しているビデオカメラHDR-HC3によって
収録されたライヴコンセプトアルバム 2008年リリース 現在品切れ。
2.「EVE2009」12月31日にリリースされた初スタジオレコーディングによるミニアルバム
2008年リリース
3.「amber」代官山UNITでの単独公演を記念して制作されたシングルCD 2009年リリース

『東京ザヴィヌルバッハ』<Tokyo Zawinul Bach>
1999年1月、坪口昌恭(Key, M)の新たなリーダー・ユニットとして菊地成孔(Sax)と共に結成。主に現代音楽の分野で使われていた自動変奏シーケンスソフト“M”にリズム隊を担当させ、多重力的なランダム感のあるジャズの独自スタイルを提示。’00年代初頭より、六本木PIT INNを拠点に数多くのクラブイベントに出演する。自主アルバムを2枚発表した後、’02年春、ewe Inc.内に新レーベル“Body Electric Records”を立ち上げ、実質のデビュー・アルバム「Cool Cluster」リリース。以降、オラシオ・エルナンデス(Ds)との共演作「VOGUE AFRICA」や、エレクトロとアフロ・ポリリズムに傾倒した「a8v」、変則拍子とライブ・エフェクトを多用した「SWEET METALLIC」など、計4枚のアルバムを発表。『mas』の’05年作「Steppers+」にリミックス作品提供。今回は、“M”と人間の対峙をより明確に提示すべく、あえての“坪口ソロ・パフォーマンス”で挑む。

『坪口昌恭』<Masayasu Tzboguchi>
ジャズとエレクトロニクスを共存させ、伝統と先鋭の境界線で独自のキャラクターを放つピアニスト&シンセシスト。上記『東京ザヴィヌルバッハ』や『菊地成孔Dub Sextet』『DCPRG』で注目を集めるほか、アコースティック系『坪口昌恭Quartet』を軸に、近年はソロピアノや小編成でのセッションも活発化。2010年10月、初ソロピアノ・アルバム「Abyssinian」リリース。ビパップ、ラテン、ファンク、エレクトロの要素が絶妙に絡んだヴァーサタイルな魅力をアピール。尚美学園大学/大学院ジャズ&コンテンポラリー分野准教授。

『オオルタイチ』<OORUTAICHI>

1999年、ドアーズ、レジデンツ、エイフェックス・ツインなどから受けた影響の元、即興的エッセンスを取り入れたスタイルで活動を開始。その後脈々と無意識下で錬られていた破天荒なメロディーセンス、衝動・突発的な非言語によるヴォーカルスタイルがダンスホールレゲエとの出会いにより爆発。打ち込みのトラックの上に”歌”をのせるスタイルへ変化した。2003年に正式な1stアルバムとなる『Yori Yoyo』をリリース。2007年には2ndアルバム『Drifting my Folklore』をリリース。

その活動の幅はトクマル・シューゴ、I am robot and proudなど他ミュージシャンへのリミックス提供から舞台、演劇、番組への楽曲提供、さらには役者、イラストレーターなど幅広い。

8月に発売されたシングルに続き、2010年冬、3年ぶりとなる待望のニューアルバムのリリースを控えている。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。