Schedule

2019.11.20.水.

Fontana Folle – 1st Album “Viaggio” 先行発売ワンマンライブ

 

新世代の『Tokyo』City Jazz Popを体現するバンドFontana Folleが待望の初フルアルバム”Viaggio”を11/27(水)に全国流通にてリリース。それを記念し、先行販売を兼ねたワンマンライブを月見ル君想フで開催。

当日は贅沢にも、今年アジアツアーを大成功に納めた名音楽家Kenichiro Nishiharaがセット前後にDJとして参加。ライブではバンド至上最大である8人編成にて、アルバムの豊かな音世界をさらに昇華させる。

 

[Fontana Folle]

Alvin (Vo)

Ryuji Iida (Gt, composer)

Yuki Lee (Ba)

 

[Support Musicians]

Yoko Yamazaki (Key)

Naoki Aikawa (Dr)

Daisuke Sasaki (Tp/Fl) 

Jun Futamata (Chorus)

Yuya Yoneda (Saxophone)

Open 19:30 Start 20:30 ・ 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500 +1D ¥600
 ※整理番号順入場

但し19:00(開場30分前)より整列開始致します。
それより前にご来場頂いてもお待ちいただけませんのであらかじめご了承ください。

) インターネット予約 〔 10月14日0:00~11月18日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 10月14日~ 〕
Fontana Folle

2016年結成。新世代の『Tokyo』City Jazz Popを体現するバンド。
メンバーはAlvin(Vo), イイダリュウジ(Gt), Yuki Lee(Ba)の3人。ブラジル音楽をベースに、ポップスとジャズを融合した独自のサウンドを築く。名門バークリー音楽大学で作曲を専攻し、ブラジルにてNelson Fariaにギター奏法を師事したイイダリュウジの洗練されたサウンドを軸に、インドネシア人ボーカルAlvinの温かさと透明感に満ちた歌声、Yuki Leeの繊細なベース技術が光る。


Kenichiro Nishihara (西原健一郎)

音楽レーベル・プロダクション“Jazcrafts” (アンプライベート株式会社)代表
96年よりファッションを中心に幅広い分野の音楽プロデュースを手掛け、現在も東京コレクション・パリコレクションといったショーをはじめ、GinzaSixやHermes銀座店内シャンパンバー等の店舗内サウンドディレクションを手掛けている。
自身の作品としては1st『Humming Jazz』(2008)が、Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year 2009/優秀ジャズアーティスト賞にノミネートされる等、一躍シーンの中心に登場し、その後の作品も国内外にてヒットを記録。2018年にはデビュー10周年を迎え、ベストミックス&リミックスアルバム『Kaleidoscope Suite』をリリースし、JAZZを中心としたDJスタイルやバンドセットで国内外のイベントやフェスに数多く出演している。
今年の2月にはアジアツアーを共にしたMichael KanekoをはじめSIRUP、MARTER、Sam Ock、Substantialなど国内外のアーティスト達をフィーチャリングしたNEW ALBUM『Elastic Afterwords』をリリースし、iTunesジャズチャートにてアルバム・ソング部門共に1位を獲得。
その他、企業ブランドとのタイアップ企画、アーティスト・アイドルのプロデュースなど多岐にわたるプロジェクト・作品で手腕を振るっている。


1st Album “Viaggio”
11/27(水)より全国のCDショップにて発売開始

暖かくもシャープなハイクオリティ・サウンドと透明感に満ちたボーカルが光を放つ……新時代を担う『Tokyo』City Jazz Popが登場!
イイダがこよなく愛するコンテンポラリー・ブラジレイラの芳醇な音世界を軸に、Everything But The GirlやJack Johnsonなど、多種多様の高品質ポップスと古今東西のジャズを融合。多くのリスナーの心を掴む人懐っこいサウンドに、聴けば聴くほど様々な表情を見せるAlvinのボーカルが乗り、色彩豊かでボーダーレスな音世界を完成させた。
サポートメンバーには、mouse on the keysなどにも参加する佐々木大輔(Tp,Fl)、バークリー音楽大学出身の実力派ドラマー·會川直樹(Dr)、西原健一郎作品への参加などサポート経験も豊富な山﨑陽子(Pf)らが参加。
サウンドプロデューサーを務めるのは、&mkz a.k.a. Tomokazu Miura。嵐・氷室京介作品への参加をはじめ、タイのDCNXTRとのコラボレーション、韓国のアイドルグループCNBLUEへのアレンジ提供など、グローバルな感性を持つ&mkzMiuraのバランス感覚により、本作にはより多くのリスナーの琴線に響くための視野も広がっている。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。