Schedule

2017.8.19.土.

バ・バ・バトゥカーダ ~シンガポール×ニッポンの灼熱カーニヴァル!~

アジアの強烈グルーヴで踊れ!

\\\ バ・バ・バトゥカーダ ///
~シンガポール×ニッポンの灼熱カーニヴァル! ~

出演:
Wicked Aura[from Singapore]
Mocidade Samba System [from Japan]
Pecombo(ペコンボ) [from Japan]

—————————————————————————

ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ……、
機関銃のように打楽器を打ち鳴らし、あなたを踊らせる”バトゥカーダ”。
そいつはブラジル生まれで、自由で強烈で未来を映してる。
そして21世紀、”バトゥカーダ”はなんとアジアで独自の進化を遂げていたのだ。

ひとつは、多民族国家シンガポールで誕生したWicked Aura(ウィケッド・オーラ)。
このバトゥカーダ軍団は、ロックやヒップホップのほか、
バリ島のケチャ、インドのバングラビートまでも貪欲に取りこみ、
チャンプルースタイルの最先端サウンドをつくりあげ、
世界各地のフェスを熱狂の渦に巻きこんでいる。
[圧巻のパフォーマンス! http://bit.ly/2sXjM61 ]
今回もサマソニ出演のための来日だ。

もうひとつは、ニッポンのバトゥカーダ、Mocidade Samba System(モシダージ・サンバ・システム)。
ミナト横浜で誕生し、すぐさま頭角をあらわし、J-WAVE「サウージ! サウダーヂ」の
カーニヴァルイベントをはじめ、さまざまなイベントを席巻。
その骨太なグルーヴで、多くの観衆の心を打ち抜いている。

シンガポールとニッポンの”バトゥカーダ”がぶつかり合い、
火花を散らす一度限りのスペシャルイベントが、
「バ・バ・バトゥカーダ~シンガポール×ニッポンの灼熱カーニヴァル! ~」だ。

ホストは、シンガポールでWicked Auraと、
さらに横浜でMocidadeと競演したことがあるPecombo(ペコンボ)。
ブラジルの伝説的コーラスグループQuarteto Em Cyを
リスペクトする彼らだが、サンバやフレンチカリビアンのほか、
アジア音楽や日本の音楽を取りこむチャンプルー精神も発揮。
この夜、”バトゥカーダ”とのハイブリットなハーモニーを響かせる。

ちょっと体験したことのない真夏の夜になる。
もしかしたらあなたの人生に衝撃を与える。
ビートの洪水に酔い、我を忘れて踊るうちに、新しい世界の扉をひらくはず。
ぜひともお見逃しなく!

——————————————————————–

最初はいつ見たか思い出せないが、2006年に私の書いた岩波新書にすでにWicked Auraが登場するので、その前からだろう。その頃からずーっと期待している。
(久保田麻琴/ミュージシャン)

シンガボールにこんなバンドがいたなんて、後頭部をガツンと殴打されたような衝撃だ。 レシーフェのマンギビートからバイーアのアフロ・ブラジル音楽、リオのサンバ・ファンクまで連打するパーカッション隊に乗って、ストリートパワー全開のミクスチャー・ロックを繰り広げるWicked Auraが初来日! 迎え撃つ日本勢も負けてはいられない。2017年夏、最もアツい音楽の饗宴がここに!
(中原仁/音楽・放送プロデューサー)

えっ、シンガポールにこんなバンドがいたんですか。マヌ・チャオもブッ飛ぶ混血カルナバル・サウンド。本人たちいわく「An explosive Punk Rock Batucada band」! 彼らの名はウィケッド・オーラ。アジアの十字路であるシンガポールからこういうバンドが出てくる自体、とても興味深いことですね。
(大石始/ライター)

圧倒的な演奏力とエンターテイメント! この3組のビート、ハーモニーからビンビン伝わってくるのは彼の地の音楽へのリスペクト、そしてそこから出発した彼らにしか到達し得ないオリジナリティ。何が起こるか分からないワクワク感溢れるパーティ、みんなで目撃しましょう!
(宿口豪/Bar Blen blen blen 店主)


Open&DJStart 18:00 ・ 前売 3,000 当日 3,500 +1D 600
※150人限定
※先着順入場
但し17:30(開場30分前)より整列開始致します。
それより前にご来場頂いてもお待ちいただけませんのであらかじめご了承ください。

) インターネット予約 〔 7月19日0:00~8月17日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 7月19日~ 〕


◆◇ Wicked Aura(ウィケッド・オーラ) [from Singapore]
8/20サマソニ出演のため日本初上陸。シンガポールのカウンターカルチャーシーンを牽引し続ける彼らが奏でるのは、ミクスチュアロック+バトゥカーダビート+アジアテイストという他に類を見ない世界レベルのサウンド。ヨーロッパやアジアなどの大規模フェスを沸かせる最先端サウンドを体感せよ。


◆◇ Mocidade Samba System(モシダージ・サンバ・システム) [from Japan]
ミナト横浜で、サンバの可能性を探るために結成。J-WAVE「サウージ! サウダーヂ」をはじめ、数々のイベントに出演し、人気を獲得。今年10周年を迎え、浅草サンバカーニバルにも進出。今回は「G.R.B.P. mocidade vagabunda」の可変型少人精鋭バテリアユニットが大迫力でプレイする。


◆◇ Pecombo(ペコンボ) [from Japan]
ペコ、りえ、ハチによるスキャット・ヴォーカル・グループ。都市や郊外に生きる日本人の矜持をベースに、リズム、ハーモニーとも豊穣なブラジル音楽を歌い演奏しながら、土着的かつ洗練された世界の音楽のミッシングリンクを追求。田ノ岡三郎(Acc)、中西文彦(Gt)、荒井康太(Dr)らのスゴ腕プレーヤーとライブをくり広げる。

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。