Schedule

2015.5.7.木.

パラシュートセッション祭 7日目「久住昌之&BlueHip × フーレンズ(安齋肇Vo、 古田たかしDr、坂本みつわB、小野瀬雅生G)」

世紀の対決、久住昌之 vs 安齋肇!!!

『孤独のグルメ』でおなじみの久住昌之氏がBlueHipと共に月見ル初登場!迎え撃つはあのソラミミスト・安齋肇氏が率いる最強オトナ・ロックバンド=フーレンズ!

旧知の仲の久住・安齋両氏ですが、バンドでのガチンコ対決はほぼ初めてという事で、火花散りまくり。

音楽対決はもちろん、パラシュートセッションならではのMC合戦も爆笑必至です。

【出演】

久住昌之&BlueHip
ドラマ「孤独のグルメ」の音楽制作集団TheScreenTonesの前身バンドで、
おかしな歌をやるバンド。ブルース中心だけど何が飛出すか出すかわからない6人。

久住昌之(Vo,G)
フクムラサトシ(Sax)
Shake (KB)
栗木健(Per)
小倉諭史(B)
三浦良介(Ds)

フーレンズ(安齋肇Vo、 古田たかしDr、坂本みつわB、小野瀬雅生G)>

2006年、NHK「みんなのうた」にて『ホャホャラー/安齋肇とフーレンズ』として
デビュー。その後、The Foolendz からフーレンズ3、フーレンズ4など編成を変え
つつ活動。2009年、現在のフーレンズ(安齋肇mc、古田たかしds、坂本みつわb、
小野瀬雅生eg)となる。2010年、安齋の展覧会と併せた「フーテンツアー」を敢行、
東京・埼玉・大阪・兵庫を巡る。バンドティシャツは作るのにCDが無いと客席から
指摘され、2013年『Foollens Attacks!!(邦題:やっちゃえフーレンズ!)』発表。
友人達によるPVも製作された。

安齋肇(Anzai Hajime)
イラストレーター。音楽関連のデザインからキャラクターのデザイン、「タモリ倶
楽部」空耳アワーや「笑う洋楽展」への出演など幅広く活動。勝手に観光協会、O
BANDOS、元Lastorderzのメンバー。

古田たかし(Furuta Takashi)
15歳の時カルメン・マキ&OZに参加し、プロデビュー。その後、原田真二、佐野元
春、Hobo King Band、Dr.Strange Love、渡辺美里、藤井フミヤ、吉川晃司、奥田民
生、PUFFY、スキマスィッチ、CHARなどに参加。

坂本みつわ(Sakamoto Mitsuwa)
1980年代に東京ブラボー(高木完、ブラボー小松)、MELON(exプラスチックス)、
MUTE BEATなどのキーボード奏者として活動。その後、活動休止。CF、雑誌、ミュ
ージシャンのスタイリストとして活躍。

小野瀬雅生(Onose Masao)
「クレイジーケンバンド」のリードギタリスト。サウンド・ディレクションも担当。
バンド「小野瀬雅生ショー」リーダー。その傍ら天丼をはじめとするB級グルメマニ
ア、プロ野球マニアとしても知られコラムを執筆。


op 18:30 st 19:30 ・ 前 3,500 当 4,000 +1D 500

) e+ 予約サイト
) インターネット予約 〔 3月27日0:00~5月5日24:00迄 〕
) 電話予約 〔 3月27日~ 〕
※整理番号順入場 (e+ → 店頭予約の順で入場となります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パラシュートセッション」=「1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」!!!

2013年9月にF.I.B JOURNALの山崎円城&月見ル君想フのタカハシコーキによる試行錯誤の中から生まれた当企画、これまで15回以上の名演を生み出し、月見ルの名物企画となっていた「パラシュートセッション」が、今回GWスペシャルとしてなんと8日連続、昼・夜合わせて計26組、怒涛の全13公演で 開催が決定!!!

パラシュートセッションとは、、、

会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、
本物のパラシュートが張り巡らされ、ステージではなく普段は客席になっている
「フロア」に2バンドが向かい合わせにセッティングします。

オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来、
演奏者の生音や息遣いまで聴こえるなかで、
両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く
「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイルです。

さらに・・・

今回は、昨年末にオープンした台北の姉妹店「台北月見ル君想フ」にて、
全公演生放送が決定、現地会場限定での放映を致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月見ル君想フ公式TWITTER はコチラ

コメントは受け付けていません。